実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,この世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。私たちの土台を築いているのは過去の経験,さらに言えば遺伝であり,また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありませんが,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能であり,また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第で可能です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の力で切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!     *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

幸せに関する覚え書き

【幸せに関する覚え書き 246】

◯いま目の前にある幸せに気づけるようになるためにも,過去(記憶)や未来(空想)に心を奪われて上の空で生きるのではなく,今この瞬間に心を集中し,心を込めて今を生きられるようになること。(2019年12月22日) 【幸せであるための方法】 - 幸せ…

【幸せに関する覚え書き 245】

◯自らが置かれた状況を哀れみ,自らを不幸だと思うからこそ不幸なのである。どのような状況にあっても,感謝の気持ちを忘れることなく,前向きに生きる喜びを見いだそうとする人は,幸せなのである。(2019年12月21日) 【幸せであるための方法】 - …

【幸せに関する覚え書き 244】

◯世の中(他者)は私たちを傷つけるが,その傷を癒してくれるのも世の中(他者)である。何事にも一長一短があり,誰の心の中にも悪人と善人が同居している。(2019年12月20日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 243】

◯自分自身に対する誇りや他者に対する信頼や人生に対する希望といったものは,誰かが与えてくれるものではなく,強い意志を持って忍耐強く自らの力で生み出し,維持していくものである。(2019年12月19日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるた…

【幸せに関する覚え書き 242】

◯幸せになることをけっして諦めてはいけない。やけを起こさず,人間に対する信頼や人生に対する希望を見失うことなく,世の中の肯定的な側面にも広く目を向けられるようになりさえすれば,人間は誰でも幸せになれるのだから。(2019年12月18日) 【…

【幸せに関する覚え書き 241】

◯この豊かで便利な生活を手放すことは,もはや困難であるが,このような状況の中にあって幸せであり続けるためには,必要以上に豊かであることや必要以上に便利であることの弊害について,きちんと認識しておくことが欠かせないのではないだろうか。(201…

【幸せに関する覚え書き 240】

◯私たちには幸せであるための条件がすべて備わっているのに,すなわち,私たちの目の前にはいつでも幸せが存在しているのに,そのことに気づくことのできる人間は多くない。そのことに気づくことさえできれば,人間は誰でも幸せになれるのに。(2019年1…

【幸せに関する覚え書き 239】

◯自らの自由意志に基づいてできる限り簡素な生き方を目指す中にこそ,精神的に豊かになり,幸せになるための秘密が隠されているのかもしれない。(2019年12月15日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 238】

◯日常生活におけるささやかな満足にも生きる喜びを見いだせるようになり,生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになるということは,自分が置かれている状況がどのように変わろうが,生きている限りは幸せであり続けることができるということである…

【幸せに関する覚え書き 237】

◯真に幸せな人は,その幸せを他者と分かち合おうとする。自らの幸せが,数知れぬ他者の支援によるものであることを実感しているがゆえに,自らも他者の支援をしたいと自然に願うようになる。(2019年12月13日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであ…

【幸せに関する覚え書き 236】

◯たった一度きりの人生である。他者の意見に耳を傾けることも大切であるが,一度きりの人生を後悔しないためにも,最終的には自分の信念に基づいて自分が生きたいように生きるべきである。でなければ,せっかくこの世の中に生まれてきた甲斐(かい)がない。…

【幸せに関する覚え書き 235】

◯生きているということは,ただそれだけで大きな奇跡である。ただ生きていることの奇跡。このことを実感できるならば,感謝の気持ちはおのずと湧いてくるのではないだろうか。(2019年12月11日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 234】

◯人間は,自分自身と折り合える程度にしか他者と折り合えないと言う。他者と折り合えないということは,要するに自分自身と折り合えないということであり,自足することができていないということである。(2019年12月10日) 【幸せであるための方法…

【幸せに関する覚え書き 233】

◯幸せであることの秘訣は,どれだけささいなことの中に生きる喜びや幸せを見いだすことができるか,ということにある。幸せであることと社会的に成功することとはまったく無関係であり,むしろ,多くの場合,大きな社会的成功を望む気持ちが幸せであることを…

【幸せに関する覚え書き 232】

◯「初心忘るべからず」という言葉は,芸事においてのみならず,私たちが生きる喜びに満ちた幸せな人生を送り続けるためにも,決して忘れてはならない言葉である。(2019年12月8日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 231】

◯私たちにとって一番大切なことは何なのか。まずは,それをしっかり見極めることが重要である。(2019年12月7日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 230】

◯いま自分の目の前にある幸せに,私たちはなぜ気づくことができないのだろうか。私たちの眼は,なぜそんなにも曇ってしまったのだろうか。私たちはなぜ感謝の気持ちを忘れ,不平不満ばかりを募らせるようになってしまったのだろうか。(2019年12月6日…

【幸せに関する覚え書き 229】

◯幸せとは,自分で自分の人生に満足することであるのに(本来は自己完結的なものであるのに),なぜ私たちは自分の人生と他者の人生を比較しようとするのだろうか。また,幸せとは,日常生活におけるささやかな満足に生きる喜びや幸せを見いだせるようになる…

【幸せに関する覚え書き 228】

◯幸せであるために何か特別な偉業を達成する必要などない。いつもと変わらない普通の生活に,すなわち,生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになることこそが,幸せであるということなのだから。(2019年12月4日) 【幸せであるための方法…

【幸せに関する覚え書き 227】

◯世の中を過度に否定的に捉えがちな人は,世の中に対する興味・関心を失いやすく,いつしか自分だけの狭い世界に閉じこもって自分自身をないがしろにしながら,他者を恨みながら,運命を呪いながら人生を送るようになってしまう。世の中に対する興味・関心を…

【幸せに関する覚え書き 226】

◯他者に対して心を開くということは,自分自身に対して心を開くということでもある。他者に対する意地から耳を閉ざしていた自らの本音に素直に耳を傾け,本来の自分を取り戻すためにも,人間に対する信頼を見失うことなく,他者と融和し,他者に対して心を開…

【幸せに関する覚え書き 225】

◯明日は明日の風が吹く。先のことを思いわずらうことなく,今日を精一杯生きること。今日を精一杯生きてこそ,明るい未来は切り開かれる。(2019年12月1日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 224】

◯欲望の肥大化に伴い,私たちは自分と他者を比較するようになり,他者に勝ちたいという気持ちを強く抱くようになる。その結果,自足することが難しくなるとともに他者に対する感謝の気持ちも忘れてしまい,不平不満や他者に対する敵対心(あるいは,被害者意…

【幸せに関する覚え書き 223】

◯今この瞬間に注意を集中しながら生活する,ということは,掛け替えのない人生を心を込めて大切に味わいながら生きる,ということと同義である。(2019年11月29日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 222】

◯人の命ははかなく,人生は短い。過去を悔やみ,未来を心配している暇があるのなら,現在を精一杯生き,生きている喜びや幸せを噛(か)み締めたい。(2019年11月28日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 221】

◯幸せであることに定員はなく,他者と席を奪い合う必要はまったくない。心の持ち方次第で誰もが幸せになれるし,全員が幸せになることも可能である。私たちは何を求めて他者と争い合っているのであろうか。幸せであること以上に大切なものが何かあるのだろう…

【幸せに関する覚え書き 220】

◯私たちは,幸せでないから名利を追い求めるのかもしれない。しかし,名利を追い求めることで,幸せからはますます遠ざかってしまう。(2019年11月26日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 219】

◯「足るを知る者は富む」と言う。金儲けにあくせくせず,心の豊かさをこそ目指したい。(2019年11月25日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 218】

◯金に目がくらめば,人生の真の目的を見失うことになる。金は,あくまでも生きるための手段であり,価値を置きすぎることなく,生きるのに困らない程度に稼ぐのが賢明である。(2019年11月22日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために

【幸せに関する覚え書き 217】

◯私たちは一体何のために生きているのだろうか? その点がはっきりしないと,私たちは優先順位を間違えやすく,人生を台無しにしてしまうおそれがある。(2019年11月21日) 【幸せであるための方法】 - 幸せであるために