実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 473】

「他人のせいにするのは大人ではない・・・他人の非を大声で論じても,本当の意味では自分の得にならない。」,「本当の大人なら,物事を他人のせいにはしない。己の至らなさを恥じるだけである。自分の具合が悪いのは,不徳のいたすところに決まっている。」(『ぼちぼち結論』,養老孟司中央公論新社

 

○私たちは,物事が自分の思い通りにならないと,それを他者のせいにしては,他者を恨んだり,責め立てたりしてしまいがちです。しかし,他者をいくら責め立てたところで,他者が自分の思い通りになるはずもなく,状況の好転はほとんど望めません。むしろ,他者との関係がこじれ,他者から疎んじられて孤立するなどして,状況はますます悪化する可能性が高くなります。そもそも,人生はままならないものなのですから,物事が自分の思い通りにならないからといって不平不満を募らせることが間違っていると思いますが,状況を多少なりとも好転したいと望むのであれば,物事がうまくいかない原因や責任は自分にある(少なくとも,自分にもある)と考えを改め,自分(自分の考え方や生き方や心の持ち方など)を変えることにこそ,あるいは,自分にできることや自分がやるべきことに最善を尽くすことにこそ関心を払い,力を注ぐべきであると思います。(2021年6月28日)(3)(4)(6)(15)関連