実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 703】

「自分でどうすることもできないものについて悩むのは意味がない・・・悩むのは時間とエネルギーの浪費であり,この種の苛立ちこそ失望に満ちた人生への処方箋なのだ。・・・あなたは勝てるゲームだけをするべきなのだ。そのとき,あなたは無敵になれるのだから。」(『欲望について』,ウィリアム・B・アーヴァイン,竹内和世訳,白揚社

 

○私たちは,自分が不幸であることの原因や責任を,すぐに境遇に求めてしまいがちですが,境遇を自分の思い通りにすることなど絶対にできません。境遇を自分の思い通りにしようとすることは,「骨折り損」というだけでなくで,境遇を自分の思い通りにしようとすればするほど,不平不満,妬みそねみ,恨みつらみ,失意失望,自暴自棄といった心理状態に自分を追い込んでしまう危険性は高まり,不幸な状況から抜け出すことは困難になってしまいます。そもそも,同じような境遇にありながらも,その境遇に満足し,常に満ち足りた気持ちで機嫌よく暮らしている人もいれば,その境遇に満足できず,常に不満を抱えたまま不機嫌に暮らしている人もいることからも分かるように,人間の幸不幸を決めるのは,最終的には,境遇ではなく心の持ち方です。限りある大切な時間やエネルギーは,境遇を変えることなどに浪費すべきではなく,自分の心の持ち方を変えることにこそ使うべきであると思います。自分の心の持ち方を変えることは,自分の意志次第で十分に可能なことなのですから。(前書き)(4)(6)(7)(9)(15)関連