実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 681】

「経済成長というものを至上の命題として,飽食した市場にさらなる商品を投入し続け,その結果として人々が過剰消費,過剰摂取に明け暮れる光景は滑稽を通り越して悲惨なものがある。」(『経済成長という病』,平川克美講談社

 

○人間の欲望には限りがなく,放って置けば肥大化する一方になってしまいます。肥大化を奨励したり,そそのかしたりするするような働き掛けがあれば,なおさらです。実際,私たちは,人類史上最も豊かで安全で便利な社会で暮らしながらも,そのような暮らしにさえ満足することができず,むしろ,不平不満ばかりを募らせては,自分は不幸であるなどと思い込むようになってしまいがちです。常に満ち足りた気持ちで,心安らかに幸せな人生を送りたいと願うのであれば,たとえそれが社会や時代の風潮に逆らうことであったとしても,強い意志を持って意識的に自分の欲望の肥大化にブレーキを掛けられるようになる必要があるのではないでしょうか。自分が持っていない物(必要以上の物)を欲しがり,自分がそれらの物を持っていないことに不平不満を募らせるのではなく,自分が持っている物(自分に与えられている物)の豊かさや,自分がそれらの物を持っていることの有り難さに深く思いを致し,感謝する気持ちを思い出すことによって,たとえそれが必要最小限の物であったとしても,自分が持っている物だけで満足できるようになりたいものです。(1)(4)(6)(7)(14)(20)関連