実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 522】

「栄光や評価など求めず,大好きなことに熱中する。それ自体が喜びであり,幸せなんです。」(『水木さんの幸福論』,水木しげるKADOKAWA

 

○自分が好きなことに打ち込み,自分の可能性を花開かせることができるのは,それ以外のことを他者が負担し,分担してくれているからです。この事実を正しく認識しさえすれば,自分が好きなことに打ち込めることの有り難さがよく分かるはずです。自分が好きなことに打ち込めるということは,それ自体が喜びであり,幸せなのですから,それ以上を望むのは(財産や地位や権力や名声などまで手に入れようと望むのは),欲張り過ぎというものです。そのように欲張れば欲張るほど,心の目が曇り,自分が好きなことに打ち込めることの有り難さに思いを致すことが難しくなってしまい,むしろ,自分の欲望が満たされないことでの不平不満ばかりを募らせるがままに,自分は不幸であるなどと思い込むようになってしまうのが落ちです。必要以上に欲張り,いま自分の目の前にある幸せを見失ってしまわないようにするためにも,自分が好きなことに打ち込めることの有り難さを(その有り難さを感謝する気持ちを)忘れないようにしたいものです。(4)(6)(13)(14)関連