実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 520】

「他人との比較ではない,あくまで自分の楽しさを追求すべし。」,「それが楽しければ,世間との食い違いが起きても慌てず騒がず,ひたすら自分の道を進めばいい。」,「他人の思惑などに振り回されず,自分のやりたいように生きる。」(『水木さんの幸福論』,水木しげるKADOKAWA

 

○私たちは,自分の人生に満足できないからこそ,また,自分が進むべき道が定まっていないからこそ,他者の暮らし向きや動向が気になり,自分と他者を比較してしまうのではないでしょうか。しかし,自分と他者を比較している限り,いつまでたっても自分の人生に満足することはできませんし(人間は「隣の芝生は青い」と感じてしまいやすい生き物です。),自分が進むべき道が定まるということもありません(きっと他者からの評価や世間の評判を気にして右往左往するばかりになってしまいます。)。常に満ち足りた気持ちで幸せな人生を送りたい,自分が進むべき道を邁進(まいしん)し,自分の可能性を十分に花開かせることによって思い残すことのない充実した人生を送りたいと本気で願うのであれば,まずは自分と他者を比較することをやめるべきなのではないでしょうか。その上で,足るを知ることを学んだり(生きていることそれ自体に幸せを感じられるように自分の心の持ち方を改めたり),自分が本当にやりたいと思える好きなことを見つけたり(人生に自分なりの目標や理想を見いだしたり)することにこそ,関心を払い,力を注ぐべきなのではないでしょうか。(1)(6)(7)(11)(13)(14)(18)関連