実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

自分を人間的に成長・向上させ続けるためには,好きなことを見つけ,そこに見いだした自分なりの目標や理想に近づくための努力を楽しめるということが重要である。

 「好きこそものの上手(じょうず)なれ」と言いますが,私たちは,自分が好きなこと(多くの場合,自分の人生を切り開いていく上において不可欠と感じられること)だからこそ,困難や苦労にめげることなく努力し続けることができるのではないでしょうか。そして,長年にわたって怠ることなく努力し続ければこそ,才能の有無にかかわらず,上達もし(それに見合った成果を残すことも可能になり),人間的に成長(成熟)・向上することもできるのではないでしょうか。このように考えるなら,自分を人間的に成長・向上させ続けるためには,自分が本当にやりたいと思える好きなことを見つけ,あるいは,自分がやっていることを本当に好きになり,そこに自分が信じることのできる自分なりの目標や理想を見いだし(自分なりとは言っても,「すべての道はローマに通ず」るわけですが。),その目標や理想に近づくための努力を心から楽しめるということが重要であることが分かります(努力することを楽しいと思えるようになるためには,自分が好きなことに打ち込めることの有り難さに気づけるだけの想像力を持ち,感謝する気持ちを忘れないということも重要であるとは思いますが。)。

 また,何事も嫌々やったところで意味のある成果はほとんど得られず,周囲に迷惑や負担を掛けるとともに,不満やストレスや疲れなどがたまるだけですので(まさに「骨折り損のくたびれ儲(もう)け」です。),仕事など,自分がやらなければならないことについては(もちろん,反社会的なことや自分の信念に反するようなことは別ですが。),嫌々やるのではなく,是非とも楽しみながらやりたいものです。その気になって全力で前向きに取り組めば,何事にも何らかの楽しさややりがいが見いだせるものです。そして,楽しさややりがいをさらに極めていくことによって,自分がやっていることをだんだん好きになっていく,ということはよくあることです。

 自分が本当にやりたいと思える好きなことや,自分が信じることのできる自分なりの目標や理想がいまだ漠然としている段階においては,やる気を喚起し,維持していく上において,当面の努力目標を到達可能な範囲に設定することも有効であると思いますし,当面の必要に迫られて行動するというのが,より一般的であるとは思います。しかし,当面の努力目標に到達するために,あるいは,当面の必要に迫られて行動するだけでは,その場限り,その場しのぎになりやすく,困難や苦労に耐えてまで常に努力し続けるということは難しいのではないでしょうか。自分なりの目標や理想がなければ,自分が目指すべき方向性が定まらず(目的地を定めずに散策することにも,息抜きとしての意味はあるのでしょうが。),行き当たりばったりに彷徨(さまよ)い続けた挙げ句,どこにもたどり着けないまま一生を終えてしまうということにもなりかねませんので(自分の可能性を十分に花開かせることができないまま,人生に大きな悔いを残してしまう可能性が高いので),人生に自分なりの目標や理想を見いだすことは,とても重要であると思います。

 なお,掲げる目標や理想は,人生の指針を明確化し,自分が進むべき道を明らかにするためのものなのですから,到達不可能なものであっても一向に構いません(したがって,目標や理想を掲げるのに遅すぎるということはありません。)。むしろ,簡単に到達できてしまうようなものでは人生の指針にはなり得ませんし,人生の途中で自分が進むべき道を見失ってしまうことにもなりかねませんので,「少年よ大志を抱け」という言葉どおり,目標や理想は大きければ大きいほど,高ければ高いほどいいとさえ言えます(大きい目標や高い理想を掲げることは,翻って自分の無知さや未熟さを自覚することにもつながりますので,何歳になっても慢心することなく,謙虚さとともに,真摯に学び,努力する姿勢や素直に反省する態度などを保ち続ける上においても大いに役立つのではないでしょうか。)。もちろん,自らが掲げた目標や理想に縛られて身動きが取れなくなり,かえって成長・向上が止まってしまうというのでは本末転倒ですので,目標や理想は成長・向上に伴ってある程度柔軟に修正可能なものであることが望ましいとは思います。人間が考えることに完璧ということはありません。「過ちを改むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ」と言いますが,目標や理想についても,いったん掲げた目標や理想にこだわり,固執するのではなく,常に開かれた心で謙虚に見直し,より善い,より人間らしいものに随時修正していくべきであると思いますし,必ずしも目標や理想を狭く一つに限定する必要もないと思います(目標や理想を狭く一つに限定してしまうと,その追及が何らかの理由でできなくなってしまった場合に,人生の指針を失い,あるいは,自分が進むべき道を見失い,途方に暮れてしまうことにもなりかねません。)。