実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることができるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

まずは大人が,実り多い幸せな生き方を本気で模索し,探究する必要がある。

 子供たちが実り多い幸せな人生を送ることを願うのであれば,まずは大人が,特に,政治家をはじめとする大人の代表者が,拝金主義などの偏った価値観を改めた上で,目先の損得ばかりを考えるのではなく,過去や他国にも学びつつ,「どのようにすれば幸せになれるのか(どのようにすれば生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送ることができるのか)」,「幸せであることを大前提として,いかに生きるべきなのか(幸せであることを大前提として,どのように生きれば真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送ることができるのか)」という人生の根本問題を改めて真剣に考え,真剣に学び,真剣に試行錯誤し,より実り多い,より幸せな生き方を本気で模索し,探究する必要があるのではないでしょうか。そして,手遅れになる前に,ここらへんでいったん立ち止まり,誰もが心豊かに実り多い幸せな人生を送ることのできる,しかも,自然環境にかかる負荷の少ない持続可能性の高い,節度ある豊かな社会の実現を目指して必要な軌道修正(私たちの心の持ち方や考え方や生き方などを変えることも含め。)を図る必要があるのではないでしょうか。