実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることができるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

(6)①自分の欲望にブレーキを掛ければ,自分の人生に満足することが可能になる。

 「足るを知る者は富む」とも言うように,自分の欲望にブレーキを掛け,自分の欲望を減らすことさえできれば,すなわち,自分をできる限り無欲・小欲の状態に近づけることさえできれば,たとえ必要最小限の物しか持っていなかったとしても,私たちは自分の人生に満足することが可能になりますし,自分が持っている物の豊かさや有り難さにも気づけるようになるのではないでしょうか。欲望の奴隷として,より多くの物(必要以上の物まで)を必死になって追い求め続けることもなくなり,また,より多くの物を手に入れようとして他者(ひいては,他国)と競い合ったり,パイを奪い合ったりするようなこともなくなり,心はかえって豊かになるのではないでしょうか。より多くの物を追い求め続けることは,必然的に,他者を競争相手(敵)と見なし,他者と敵対することにつながりますが,より多くの物を追い求め続けることをやめるなら,他者を協力相手(味方・仲間)と見なし,他者との間に友好的かつ協調的な信頼関係を築くことも,より容易になると思います。また,より多くの物を追い求め続けることをやめることで,自然環境に取り返しがつかないほどの大きな負荷をかけてしまう危険性も確実に低下すると思います。