実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

(8)今この瞬間を疎かにすることなく,常に心を込めて今この瞬間を生き,楽しみ,味わい尽くせるようになるということも,幸せであるための重要なポイントである。

 「心ここに在らざれば,視れども見えず,聴けども聞こえず,食えどもその味わいを知らず」とも言うように,過去(記憶)や未来(想像)に心を奪われたり,他者との勝負や世間の評判に気を散らしたり,内面の物足りなさや憂さを紛らわせるために過剰な刺激や興奮やスリルに我を忘れたり,雑事に忙殺されたり,氾濫する雑多な情報に心を惑わされたりして心ここに在らずという状態で生きている人間が,いま自分の目の前にある幸せに気づくことは難しいのではないでしょうか。人生に稀(まれ)に訪れる派手で目立つ「大きな幸せ(他者が羨むような社会的(世俗的)成功を収めることなど)」には気づけたとしても,人生の至る所に埋もれている(隠されている)地味で目立たない「小さな幸せ(日常生活におけるささやかな満足や喜びなど)」には,なかなか気づけないのではないでしょうか。

 しかし,私たちは,滅多に訪れることがなく,たとえ訪れたとしても,意外に底は浅く,すぐに色褪(いろあ)せてしまいがちな「大きな幸せ」より,日常生活に深く根差しているがゆえに決して色褪せることのない「小さな幸せ」をこそ,大切にすべきなのではないでしょうか。そして,人生の至る所に埋もれている無限とも言える「小さな幸せ」に気づけるようになり,ひいては,生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになるためにも,様々な執着や雑念などから解放され,心静かにゆったりと,自分が今ここでこうして生きていられることの有り難さに深く思いを致し,心から感謝しつつ,常に心を込めて今この瞬間を生き,楽しみ,細部に至るまで(「神は細部に宿る」と言います。)丁寧に味わい尽くせるようになる必要があるのではないでしょうか。そして,今この瞬間を疎(おろそ)かにすることなく,掛け替えのないものとして大切にできるようになるためにも,世の中が無常であることや(世の中は常に変化しており,今この瞬間を生き,楽しみ,味わうことができるのは,今この瞬間のみです。世の中が常に変化しているということは,ある意味では,一つの救い,一つの希望でもありますが。),人生が短く(「光陰矢の如(ごと)し」,「歳月人を待たず」),命が儚(はかな)いものであることを常に念頭に置きながら生活する必要があるのではないでしょうか(とは言え,世の中が無常であることを嘆き悲しんだり,死を無闇に恐れてじたばたしたりする必要はなく,生きている間は悔いが残らないように人生を大いに楽しみ,味わい尽くし,死が訪れた際には,それを泰然自若と受け止め,この世の中に生まれてこれたことや,これまで生きてこれたことに対する感謝の気持ちを新たにしつつ,静かに人生の幕を閉じればいいだけのことであるとは思いますが。)。

 また,心の目を曇らせたり,心の平安を失ったりしないようにするためにも,呼吸や歩行や飲食などの行動のみならず,欲望や感情や思考なども含め,今この瞬間に自分が体験していることに対して常に心を開き,関心を払い,自覚的であることを心がけたいものです。あるがままの自分を注意深く観察したり,自分の心の声にじっと耳を傾けたり,自分の欲望や感情や思考などの本源(本質)を見極めようと努力したりすることを通じてこそ,私たちは自分というものを,ひいては,人間というものを深く知ることができるのですし,自分の欲望や感情や思考などから適度に距離を置き,それらに振り回されることなく,それらをある程度は自分の意志によってコントロールすることができるようになり,ひいては,どのような状況においても心の目を曇らせることなく,心の平安を保つことが可能になると思うからです。

 私たちは今この瞬間にしか生きることができないのであり,幸せであるというのは今この瞬間が幸せであるということなのですから(そして,今この瞬間の幸せが継続することによって,自(おの)ずと幸せな未来が切り開かれていくということなのですから),人生を長い目で見ながらも,常にマインドフルであることを心がけ,決して今この瞬間を疎かにしないということも,幸せであるための重要なポイントと言えるのではないでしょうか。もちろん,過去の反省を踏まえて,あるいは,将来を見越して現在やるべきことに最善を尽くすということは大切なことですが,後悔や取り越し苦労ばかりして心ここに在らずという状態に陥り,現在やるべきことに手に付かなくなってしまうというのでは,本末転倒と言わざるを得ません。