実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 663】

「多忙な人は真に自分の人生を生きていない」(『足るを知る 自足して生きる喜び』,中野孝次朝日新聞社

 

○私たちは現在にしか生きることができないのであり,幸せであるというのは現在が幸せであるということなのですから,過去(記憶)や未来(想像)に心を奪われたり,雑事に忙殺されたりして心ここに在らずという状態で生きている人間が,幸せな人生を送ることは不可能なのではないでしょうか。いま自分の目の前にある幸せに気づけるようになり,ひいては,自分の人生に無限とも言える生きる喜びや幸せを見いだせるようになり,生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになるためにも,今この瞬間を決して疎(おろそ)かにすることなく,自分が今ここでこうして生きていられることの有り難さを十分に噛(か)み締めながら,常に心を込めて今を生き,今を楽しみ,細部に至るまで丁寧に今を味わい尽くせるようになりたいものです。もちろん,過去の反省を踏まえて,あるいは,将来を見越して現在やるべきことに最善を尽くすということは大切なことですが,後悔や取り越し苦労ばかりして,心ここに在らずという状態で現在やるべきことに手に付かなくなってしまうというのでは,本末転倒です。(8)関連