実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 540】

「腹におさめたときと同じ状態で,食べ物を吐き出したとするならば,それは,よく消化できてないことの証拠にほかなりません。」(『エセー 1』,モンテーニュ宮下志朗訳,白水社

 

○知識は,実生活に取り入れられ,日々の生活に役立てられてこそ意味があります。したがって,そのためにも,知識は,頭に詰め込んだまま(あるいは,クラウド上にため込んだまま)にするのではなく,自分の頭でしっかり考えて咀嚼(そしゃく)し,消化し,生活の知恵として血肉化する必要があります。私たちは,新たな知識を得ると,ついつい自己顕示的にひけらかしたくなってしまいますが,「知る者は言わず,言う者は知らず」とも言うように,それは,その知識を十分には自分のものとしていないことを示すのではないでしょうか。知識をいくら受け売りできたところで,自分のものとして身に付いていなければ,その知識を実生活において生かすことはできません。知識を受け売りしている暇があるなら,その知識を自分のものとして血肉化することにこそ,限りある大切な時間やエネルギーを使いたいものです。(前書き)(12)関連