実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 640】

「必要以上の獲物は獲らないという山の掟を,愚直なまでに守るのがマタギの慣わしである。」(『邂逅(かいこう)の森』,熊谷達也文藝春秋

 

○「起きて半畳寝て一畳」,「千石万石も米五合」などとも言うように,贅沢(ぜいたく)さえ言わなければ,私たちが生きていくために必要な物やお金など,本当は高が知れています。にもかかわらず,私たちはなぜ,自分が持っている(自分に与えられている)物やお金だけでは満足しようとせず,常に不満を抱き,不満を訴えながら,より多くの(必要以上の)物やお金を手に入れようとし続けるのでしょうか。「欲に頂(いただき)なし」とも言うように,欲張れば切りがありませんし,欲張り続ける限り,私たちはいつまでたっても自分の人生に満足することができません。常に満ち足りた気持ちで心安らかに幸せな人生を送れるようになるためにも,欲張ることをやめ,たとえそれが必要最小限の物やお金であったとしても,自分が持っている物やお金だけで満足できるようになりたいものです。生きているということは,ただそれだけで十分に幸せなことであるということをしっかり心に刻み,感謝する気持ちを忘れることなく,たとえどのような逆境にあろうとも,たとえどのような困難や苦労に見舞われようとも,「生きてるだけで丸儲(まるもう)け」(さんま)と心の底から思えるようになりたいものです。(1)(4)(6)(20)関連