実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【幸せであるための方法】

f:id:daikiti707:20190422090131j:plain

 

《幸せとは》

 幸せとは,幸せであることに気づくことである,と言います。私たちはすでに十分に幸せなのに,私たちには幸せであるための条件がすべて備わっているのに,そのことに気づいていないだけなのだと。そのことに気づくことさえできれば,人間は誰でも幸せになれるのだと。きっと誰もが,死ぬ瞬間には,生きているということは,ただそれだけで十分に幸せなことだったんだなあ,と気づくのではないでしょうか。しかし,死ぬ瞬間に気づくのでは遅すぎます。人生は一度きりです。その人生が生きる喜びに満ちた幸せなものでなかったとしたら,私たちはいったい何のためにこの世の中に生まれてきたのでしょうか。また,不幸な人間は,自分が不幸なだけではなく,他者の幸せを妬み,他者の不幸を喜びがちですが,せっかくなら,そのような人生ではなく,他者の幸せを願い,喜べるような,自らの幸せを他者と分かち合えるような人生を送りたいものです。


《なぜ幸せであることに気づけないのか》

 では,私たちは,なぜ幸せであることになかなか気づけないのでしょうか。一言で言えば,この豊かで便利な生活を当たり前と思い,欲望を肥大化させて自分と他者を比較するようになるとともに今ここでこうして生きていられることの有り難さや他者に対する感謝の気持ちを忘れ,物事が自分の思い通りにならないことでの不平不満や他者に対する敵対心(あるいは,被害者意識)ばかりを募らせるようになってしまったために,いま目の前にある幸せに気づくことさえ難しくなってしまっているのだと思います。あるいは,何らかの理由により世の中全般を過度に否定的に捉えるようになり,自分自身をないがしろにし,他者に対して心を閉ざし,未来を悲観するようになってしまったために,すなわち,世の中の肯定的な側面に目を向けられなくなってしまったために,今ここでこうして生きていられることの有り難さや他者に対する感謝の気持ちを忘れるとともに,いま目の前にある幸せに気づくことさえ難しくなってしまっているのだと思います。

 

《どのようにすれば幸せであることに気づけるようになるのか》

 では,私たちは,どのようにすれば幸せであることに気づけるようになるのでしょうか。まずは,豊かで便利な生活を当たり前と思うことなく,また,自分と他者を比較することなく,小欲知足の簡素で自足した生活を心がけるとともに,今ここでこうして生きていられることの有り難さや他者に対する感謝の気持ちを思い出し,他者と融和しつつ日常生活におけるささやかな満足にも生きる喜びや幸せを見いだせるようになる必要があると思います。私たちは,何も特別なことがなくても,いつもと変わらない普通の生活を送っていても,ふとした瞬間に幸せを感じることがあります。幸せを感じ取る感度が上がれば,幸せを感じる瞬間はどんどん増えていき,やがては日常生活,すなわち,生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになるのではないでしょうか。そして,そのためにも,人生の短さや命のはかなさに思いを致し,今この瞬間をおろそかにすることなく,一日一日を,一瞬一瞬を掛け替えのないものとして大切にしながら,心を込めて今を生き,今を楽しめる(いま目の前にある幸せに気づける)ようになる必要があると思います。また,何らかの理由により世の中全般を過度に否定的に捉えるようになってしまった人については,まずは世の中の肯定的な側面にも広く目を向けられるようになり,そのことを通じて,自分自身を大切にし,他者に対して心を開き,未来に明るい展望を持てるようになることが大切であると思いますが,これは「言うは易く行うは難し」であるかもしれません。しかし,人間は何歳になっても変わることができる,と私は信じています。けっしてやけを起こさず,人間に対する信頼や人生に対する希望を見失うことなく,世の中の肯定的な側面にも広く目を向けられるようになるための努力を,強い意志を持って辛抱強く続けていくことが何よりも大切であると思います。

 

 

 「幸せ」について私なりに考えてみた結果は,現時点においては以上のとおりです。このように考えるに至った根拠を示してもらいたい,もう少し具体的に説明してもらいたい,と思われる方は,「幸せに関する名言」や「幸せに関する覚え書き」を御参照ください。

 あなたの毎日が,幸せなものでありますように。

 

 

(2019年12月18日更新)