実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることができるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

実り多い幸せな人生を送るために(要点)

(前書き)

①真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたい。

②私たちは決して,過去の経験や遺伝や環境の奴隷などではない。

③実り多い幸せな人生を送れるか否かは,自分の覚悟や意志によって決まる。

④人生の真理は,簡単明瞭であるとともに,すでに言い尽くされている。

⑤真理を真理であると見抜き,見分けられるだけの眼力を,人生の早期に養いたい。

⑥人生の真理に新しいも古いも,西も東もなく,人生の真理は全人類の共有財産である。

 

 

1 どのようにすれば幸せになれるのか

 

《幸せとは》

 

(1)幸せとは,自分が幸せであることに気づくことであり,それさえできれば,社会的な成功など収めなくても,誰でも幸せになり,幸せであり続けることができる。

①幸せとは,自分が幸せであることに気づくことである。

②生きているということは,心から感謝すべき一つの奇跡である。

③人生には,困難や苦労を補って余りあるほどの生きる喜びや幸せが詰まっている。

④幸不幸が心の持ち方次第である以上,幸せであるための条件は誰にでも備わっている。

⑤自分が幸せであることに気づくことさえできれば,誰でも幸せになれる。

⑥誰でも,自分の意志や努力次第で幸せになり,幸せであり続けることができる。

 

(2)人生に大きな悔いを残さないようにするためにも,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送ることにこそ,最大限の関心を払い,最大限の力を注ぐべきである。

①死ぬ瞬間には,誰もがきっと,自分が幸せであったことに気づく。

②自分が幸せであることに死ぬ瞬間に気づくのでは,人生が余りにももったいない。

③幸せな人生を送ることにこそ,最大限の関心を払い,最大限の力を注ぐべきである。

 

(3)道を踏み外したり,他害的な行動に出たりすることなく,世の中を寛容で暮らしやすいものにしつつ有益無害な人生を送るためにも,私たちは幸せである必要がある。

①自分は不幸であると思い込んでいる人間は,自傷他害的な行動に出がちである。

②不幸な人間が増えれば増えるほど,世の中は暮らしにくいものになっていく。

③世の中を暮らしやすいものにし,有益な人生を送るためにも,幸せである必要がある。

 

《なぜ自分が幸せであることになかなか気づけないのか》

 

(4)人間の欲望には限りがないため,自分の欲望にブレーキを掛けない限り,不平不満や被害感を募らせだけであり,自分が幸せであることになかなか気づけない。

①人間の欲望には限りがなく,人間は必要以上に欲張ってしまいがちである。

②自分の欲望にブレーキを掛けない限り,自分の人生に満足することはできない。

③自分の欲望にブレーキを掛けない限り,不平不満ばかりを募らせることになる。

④欲張り続けるからこそ,自分が幸せであることに気づけなくなってしまう。

⑤財産や地位や権力や名声などに執着すれば,他者を敵と見なさざるを得なくなる。

⑥権力は,権力を私物化する危険性の低い利他的傾向のある人間にこそ託すべきである。

 

(5)恵まれない境遇に生まれ育つなどして世の中の否定的な側面ばかりに目を向けるようになってしまったために,自分が幸せであることに気づけなくなっている人もいる。

 

《どのようにすれば自分が幸せであることに気づけるようになるのか》

 

(6)自分の欲望にブレーキを掛け,必要以上に欲張ることさえやめれば,自分は不幸であるなどという思い込みから目を覚まし,自分が幸せであることに気づけるようになる。

①自分の欲望にブレーキを掛ければ,自分の人生に満足することが可能になる。

②自分の欲望にブレーキを掛ければ,不平不満の原因は自然に取り除かれていく。

③必要以上に欲張ることさえやめれば,自分が幸せであることに気づけるようになる。

④自分が持っている物だけで満足できるようになる必要がある。

⑤質素でつましい生活を送ることは望ましいが,そのことにこだわり過ぎてはいけない。

 

(7)人間の幸不幸を最終的に決めるのは,境遇や運命ではなく心の持ち方であり,自分の心の持ち方を変えることにこそ,限りある大切な時間やエネルギーを使うべきである。

①幸せを感じたり,自分の人生に満足したりすることと境遇は,それほど関係がない。

②人生は,心の持ち方次第であり,心の持ち方次第でまったく別のものになってしまう。

③人間の幸不幸を最終的に決めるのは,境遇や運命ではなく,心の持ち方である。 

④自分の心の持ち方を変えることにこそ,時間やエネルギーを使うべきである。

 

(8)上の空で生きることをやめ,常に心を込めて今この瞬間を生き,楽しみ,細部に至るまで丁寧に味わい尽くすということも,幸せであるための重要なポイントである。

①上の空で生きていたのでは,いま自分の目の前にある幸せに気づくことさえ難しい。

②「小さな幸せ」を大切にするためにも,常に心を込めて現在を生きる必要がある。

③常に心を込めて現在を生きるためにも,現在の掛け替えのなさに気づく必要がある。

④外界のみならず,自分自身に対しても常に心を開き,関心を払い,自覚的であること。

⑤今この瞬間を疎かにしないということも,幸せであるための重要なポイントである。

 

(9)自分が幸せであることに気づけるようになるためには,世の中の肯定的な側面にこそ積極的かつ意識的に目を向け,自分や他者や人生を深く愛せるようになる必要がある。

①世の中の否定的な側面のみならず,肯定的な側面にも広く公平に目を向けること。

②世の中の肯定的な側面にこそ積極的かつ意識的に目を向ける習慣を身に付けること。

③老いることや,病気になることや,死ぬことにさえ,肯定的な側面はある。

④私たちの心には生まれ付き,全体のバランスを取ろうとする特性が備わっている。

⑤絶対にできると信じて不退転の決意で臨めば,道は自然に開かれていくことが多い。

⑥たとえどのような逆境にあろうとも,幸せであることは誰にでも可能である。

⑦どのような境遇にあっても,人生に絶望したり,自暴自棄になったりしてはいけない。

⑧世の中を肯定し,幸せになるためにこそ,この世の中に生まれてきたのである。

 

 

2 幸せであることを大前提として,いかに生きるべきなのか

 

《なぜ幸せであることが人生の大前提なのか》

 

(10)幸せであることは,すべての人間の共通の願いであり,有益無害な人生を送ることを望む真っ当な社会人にとっての義務であるとともに,人生の大前提である。

①幸せであることは全人類共通の望みであり,誰もが幸せであることを望んでいる。

②幸せであることは,有益無害な人生を送ることを望む真っ当な社会人の義務でもある。

③幸せであることは,人生の目標やゴールではなく,人生の大前提である。

 

《幸せであることを大前提として,いかに生きるべきなのか》 

 

(11)自分を人間的に成長・向上させ続けながら,他者と仲良く助け合い,幸せを分かち合って生きるのが,人間として,また,社会人として,自然で真っ当な生き方である。

①自分を成長・向上させ続けながら,他者と助け合い,幸せを分かち合って生きること。

②成長・向上し続けることで,思い残すことのない充実した有益な人生を送りたい。

③私たちと他者は一体であり,仲良く助け合い,幸せを分かち合って生きるべきである。

④豊かで安全で便利な社会においては,他者はただの競争相手(敵)になってしまう。

⑤数知れぬ他者の直接的・間接的な支えや助けがあればこそ,私たちは生きていられる。

⑥他者に依存するだけの状態を脱し,自分も他者を支え助けられるようになること。

 

《どのようにすれば自分を人間的に成長・向上させ続けることができるのか》 

 

(12)自分を人間的に成長・向上させ続けるためには,自分の成長可能性を信じ続けるとともに,初心を忘れずに,自分の経験などから謙虚に学び続けることが重要である。

①自分の成長可能性を信じ続けるとともに,初心を忘れずに謙虚さを保ち続けること。

②年齢を重ねるごとにより謙虚になっていくというのが,人間の本来あるべき姿である。

③慢心すれば独善に陥る危険性が高まるが,独り善がりな善意ほど怖いものはない。

 

④慢心した人間は,生半可な知識を得て何でも知っているつもりになりがちである。

⑤人間は自惚れやすい生き物であるという自覚だけは,常に持っていたい。

⑥自分の経験からのみならず,他者や先人の経験などから学び続けることの大切さ。

⑦学んで得られた知識は,生活の知恵としてしっかり身に付けられてこそ意味がある。

 

(13)自分を人間的に成長・向上させ続けるためには,好きなことを見つけ,そこに見いだした自分なりの目標や理想に近づくための努力を楽しめるということが重要である。 

①好きなことを見つけ,自分なりの目標や理想に向かって努力し続けることの大切さ。

②前向きに全力で取り組めば,何事にも楽しさややりがいを見いだすことができる。

③当面の努力目標に到達するために頑張るだけでは,どこに辿り着くか分からない。

④人生に掲げる目標や理想は,大きければ大きいほど,高ければ高いほど望ましい。

⑤人生に掲げる目標や理想は,自分次第で近づくことができるものを掲げるべきである。

⑥人生に掲げる目標や理想は,常に見直され,より善いものに修正されるべきである。

 

(14)自分が信じる目標や理想に向かって前進し続けることこそが重要なのであり,他者との勝負や他者からの評価などに気を散らして時間やエネルギーを浪費すべきではない。 

①自足しながらも,謙虚さや向上心を失うことなく,人間的に成長し続けること。

②人間的に成長し続けるために,他者に勝ったり他者から評価されたりする必要はない。

③自分の欲望に打ち克ち,自分が信じる目標や理想に向かって前進し続けること。

④他者に勝とうが負けようが,人間は生きているだけで十分に価値があるのである。

⑤毀誉褒貶に一喜一憂しないでいられるだけの図太さや鈍感さを身に付ける必要がある。

⑥なるべく目立たないように慎み深く控え目に生きるのが,最も賢明な生き方である。

⑦多数決の結果も含め,世間の評判や多数者の意見がいつでも正しいとは限らない。

⑧自分が信じる目標や理想に向かって前進し続けることなどにこそ,力を注ぎたい。

 

(15)人生が行き詰まってしまった場合には,その原因や責任は自分に(も)あると考え,自分を変えることなどによって行き詰まりを打開しようとするのが賢明である。

①他者や社会のせいにしている限り,人生の行き詰まりを打開することはできない。

②人生が行き詰まったことの原因や責任は自分に(も)あると考え方を改めること。

③世の中をより善いものに変えたいと願うのであれば,まずは自分が変わる必要がある。

 

《どのようにすれば他者と仲良く助け合い,幸せを分かち合うことができるのか》 

 

(16)他者の幸せを願い,喜び,他者と幸せを分かち合うためには,まずは自分自身が幸せである必要があり,自分と他者が共に幸せでいられる道をこそ選択すべきである。

①他者と幸せを分かち合うためには,まずは自分自身が幸せである必要がある。

②他者の幸せを願うのであれば,自分と他者が共に幸せでいられる道を選ぶべきである。

 

(17)他者に対しては,相手の心の中に住む善人に目を向け,相手を好きになるように心がけつつ,同じ人間同士として,常に共感的かつ寛容な態度で向き合うべきである。 

①誰の心の中にも善人と悪人が同居しており,私たちは善人にも悪人にもなり得る。

②私たちが相手をどのように見るかによって,相手は悪人にも善人にもなり得る。

③人間関係はお互い様であり,どちらか一方だけが悪いなどということは滅多にない。

④他者の心の中に住む善人に目を向け,他者を好きになることを心がけるべきである。

⑤他者に対しては,常に共感的かつ寛容な態度で向き合うことを心がけるべきである。

⑥自由に行動(発言)することを望むのであれば,その行動に責任を持つべきである。

 

(18)他者と仲良く助け合い,幸せを分かち合うためには,自分の人生に満足できているということとともに,自分が進むべき道が定まっているということが重要である。

①自分と他者を比較しては他者との勝負にこだわり,他者と競い合うことの愚かしさ。

②足るを知るとともに自分の人生に自分なりの目標や理想を見いだすことの大切さ。

 

(19)不幸な状況にある他者が幸せになるための手助けをすることは,他者と支え合い,助け合ってこそ生きていられる私たち人間にとっての,当然の務めである。

①不幸な状況にある他者に対しては,慎み深く自分にできる限りの手助けをしたい。

②不幸な状況にある他者の手助けをすることは,人間としての当然の務めである。

③他者を益する行動は,回り回っていつかは必ず自分を益することにつながってくる。

 

3 その他

 

《未来を担う子供たちに対する大人の務めとは》

 

(20)自分の生き様を通して,真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな生き方の手本を示すことこそが,未来を担う子供たちに対する大人の務めである。

①実り多い幸せな生き方の手本を示すことこそが,子供たちに対する大人の務めである。

②失敗が学びの機会になるのは,自分の自由意志に基づいて失敗した場合に限られる。

③大人がよき手本を示さなければ,子供たちが実り多い幸せな人生を送ることは難しい。

④まずは大人が,実り多い幸せな生き方を本気で模索し,探究する必要がある。

 

《今後どのような社会の実現を目指すべきか》

 

(21)社会の進歩・発展や生活水準の向上をある程度は犠牲にしてでも,誰もが実り多い幸せな人生を送れるような節度ある豊かな社会の実現を目指すべきである。

①私たちの幸福度や礼節の度合いは,社会の進歩・発展に伴って上がっているのか。

②私たちはそろそろ,これまでの価値観や考え方や生き方を見直すべきである。

③節度ある豊かな社会において実り多い幸せな人生を送ることをこそ目指すべきである。

④経済格差があろうがなかろうが,平和な社会において実り多い幸せな人生を送りたい。

⑤お金を稼ぐことは人生の手段であるに過ぎず,人生の目的は善く生きることである。

⑥真の幸せは,普通の生活に生きる喜びや幸せを感じられるようになることの中にある。

⑦お金では買えない物の有り難さに気づけないということは,不幸以外の何物でもない。