実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *小山大吉は,Amazonのアソシエイトとして,適格販売により収入を得ることが可能になっています。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 643】

「無欲になって,はじめて/真のリアリティが見えてくる。」(『タオ 老子』,加島祥造筑摩書房

 

○人生はままならないものであり,「一難去ってまた一難」と言うように,人生に困難や苦労は付き物です。しかし,心の目を曇らせさえしなければ,困難や苦労を補って余りあるほどの生きる喜びや幸せを人生に見いだすことも可能なのではないでしょうか。生きているということは,よくよく考えてみれば一つの奇跡です。心の目を曇らせることなく,自分が今ここでこうして生きていられることの有り難さに気づくことさえできるなら,私たちはきっと,たとえどのような逆境にあろうとも,たとえどのような困難や苦労に見舞われようとも,感謝する気持ちを忘れることなく,幸せであり続けることができるはずです。私たちはついつい,自分の人生を自分の思い通りにしたいなどと欲張った末に心の目を曇らせ,自分が今ここでこうして生きていられることを当たり前と思い,感謝する気持ちを忘れるとともに,必ずしも自分の思い通りにはならない人生に不平不満ばかりを募らせてしまいがちですが,これでは,いま自分の目の前にある生きる喜びや幸せに気づくことさえ難しいのではないでしょうか。人生に隠されている(埋もれている)無限とも言える生きる喜びや幸せに気づけるようになり,ひいては,生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになるためにも,常に小欲知足を心がけ,自分の欲望によって心の目を曇らせないようにしたいものです。(前書き)(1)(2)(4)(8)(9)関連