実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 602】

「幸福と云えば幸福,不幸と云えば不幸,だいたい人間の生活てえのはそんなもんじゃないですかな。」(『ゲゲゲのゲーテ』,水木しげる双葉社

 

○同じような境遇にあっても,その境遇に満足し,常に満ち足りた気持ちで機嫌よく暮らしている人もいれば,その境遇に満足できず,常に不満を抱えながら不機嫌に暮らしている人もいます。要するに,人間の幸不幸は,過去の経験や遺伝や自分が身を置いている環境などの境遇によって決まるのではなく,心の持ち方,すなわち,その境遇をどのように受け止めるのか,その境遇をどのような心構えや心がけで生きていくのかによって決まる,ということなのではないでしょうか。たとえどのような順境にあろうとも,自分は不幸であると思うなら,その人は不幸なのですし,逆に,たとえどのような逆境にあろうとも,自分は幸せであると思えるなら,その人は幸せなのですから,私たちは,自分の境遇を変えることにではなく,どのような境遇にあっても自分は幸せである思えるように,自分の心の持ち方を変えることにこそ関心を払い,力を注ぐべきなのではないでしょうか(私たちは,とかく他者の境遇を羨みがちですが,そもそも,困難や苦労を伴わない人生などなく,トータルとしては,誰の境遇にもそれほどの大差はないというのが実態なのではないでしょうか。)。自分の心の持ち方を変え,「生きてるだけで丸儲(まるもう)け」と実感できるようになるなら,私たちは,たとえどのような逆境にあろうとも,たとえどのような不運に見舞われようとも,きっと生きている限りは感謝する気持ちを忘れることなく,常に満ち足りた気持ちで幸せな人生を送ることができるはずです。(6)(7)関連