実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,この世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。私たちの土台を築いているのは過去の経験,さらに言えば遺伝であり,また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありませんが,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能であり,また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第で可能です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の力で切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!     *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 465】

「死人を弔うことばかりが坊主の務めやない。仏よりも人を大切にしてこその寺や」(『一路』,浅田次郎中央公論新社

 

○死んでからのことは誰にも分かりません。取りあえず私たちは,死んでからのことをあれこれ心配するより(ただの取り越し苦労になりかねません。),この人生を,生きている今を幸せなものにすることをこそ考えるべきなのではないでしょうか。人生は,すなわち,この世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。その人生が生きる喜びや希望に満ちた幸せなものでなかったとしたら,私たちはいったい何のためにこの世の中に生まれてきたのでしょうか。たとえどれだけ長生きできたとしても,人生が苦しくてつらいだけでのものであったとしたら,せっかくこの世の中に生まれてきた甲斐(かい)がありません。私たちは幸せであるべきであり,幸せとは何かということを正しく見極めた上で(それを見誤れば,すべての努力が徒労に終わってしまう可能性もあります。),どのようにすれば幸せになれるのかということをこそ真剣に考え,実践すべきであると思います。他者の人生をも含め,この人生を幸せなものにすることにこそ最大限の関心を払い,最大限の力を注ぐべきであると思います。幸せな人生を送ることさえできるなら,やがて訪れる死をも,安らかな気持ちで迎え入れることができるのではないでしょうか。(2021年6月20日)(2)(8)(9)(10)(11)関連