実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言 129】

「実に興味深いことに,毎日毎日至高体験(ある日突然,圧倒的な幸福感,「人生は素晴らしい」という感覚に襲われる体験)について話し合っているうちに,学生たちはしょっちゅう至高体験をするようになり始めた。楽観的になること,いわば人生がどれほど素晴らしいものであるかを思い出すことによって,それが起こるらしい。」(『超越意識の探究 自己実現のための意識獲得法』,コリン・ウィルソン松田和也訳,学習研究所)

 

◯人生の肯定的な側面に目を向けるように努め,そのことを習慣化することによって,人生はどんどん肯定的なものになっていきます(逆に,人間や人生の否定的な側面にばかり目を向ける習慣が身に付いてしまうと,人間や人生を肯定することがどんどん難しくなってしまいます。)。自分がこの世の中に生まれてこれたことの,自分が今ここでこうして生きていられることの有り難さを常に思い出し,感謝し続ける習慣を身に付けることによって,私たちはどのような境遇に身を置こうとも,自分の人生を強く肯定し,生きていることそれ自体に無限の幸せを感じられるようになるのではないでしょうか。(2020年6月27日)(4)(5)(6)(7)(9)(17)関連