実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【人はいかに生きるべきか 94】

「心の中で恨みに思うな。目に角(かど)を立てて怒るな。他人が自分にさからったからとて激怒せぬようにせよ。人にはみなそれぞれ思うところがあり,その心は自分のことを正しいと考える執着がある。他人が正しいと考えることを自分はまちがっていると考え,自分が正しいと考えることを他人はまちがっていると考える。しかし自分が必ずしも聖人なのではなく,また他人が必ずしも愚者なのでもない。両方ともに凡夫にすぎないのである。正しいとか,まちがっているとかいう道理を,どうして定められようか。おたがいに賢者であったり愚者であったりすることは,ちょうど鐶(みみがね)のどこが初めでどこが終わりだか,端のないようなものである。それゆえに,他人が自分に対して怒ることがあっても,むしろ自分に過失がなかったかどうか反省せよ。」(『聖徳太子(日本の名著2)』,中村元責任編集,中央公論社

 

◯自分は絶対に正しい,という愚かな思い込み。この思い込みこそが,あらゆる対人トラブルの元凶である。それにしても,聖徳太子という人物の,その群を抜いた偉大さ。(2019年8月3日)

 

【幸せであるための方法】 - 幸せであるために