実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 605】

「人というのは欲望がある程度満たされると,次の幸福が欲しくなる。だから幸福というのは,どこで線を引くかということでしょうね。水木サンのように(私のように),下のほうに線を引いておけば,生きるのが楽になるんです。人と比べるから,不平不満を感じるわけですよ。」(『ゲゲゲのゲーテ』,水木しげる双葉社

 

○人間の欲望には限りがなく,放って置けばどこまでも肥大化していきます。したがって,私たちは,自分の欲望にブレーキを掛けない限り,たとえどれだけ多くの物を持っていたとしても,自分が持っている物(自分に与えられている物)だけでは満足できず,常に不満を抱えながら生活していくことになります。そして,挙げ句の果てには,自分は不幸であるなどと思い込むようになってしまうとともに,自分より幸せそうに見える他者を妬み,そのような他者の足を引っ張ろうとしたり,そのような他者に危害を加えよう(損害を与えよう)としたりするようにさえなってしまいます。そのような事態に陥らないようにするためにも,自分の欲望に適度にブレーキを掛け,常に小欲知足を心がけることによって,たとえ持っている物がどれだけ少なかったとしても(たとえ必要最小限の物しか持っていなかったとしても),自分が持っている物だけで満足し,常に満ち足りた気持ちで生活できるようになりたいものです。(3)(4)(6)(10)関連