実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

自分が信じる目標や理想に向かって前進し続けることこそが重要なのであり,他者との勝負や世間の評判などに気を散らして時間やエネルギーを浪費すべきではない。

 人間的に成長(成熟)・向上し続けるというのは,自足しつつも(自分の人生に満足しつつも)謙虚さや向上心を失うことなく,常に自分の可能性に挑戦しながら,自分が信じる目標や理想に向かって,あるいは,より善い,より人間らしい生き方を目指して自分が進むべき道を自分の歩幅で一歩ずつ前進し続けるということです(自足してしまったら,そこで成長や向上は止まってしまうと言う人もいますが,行動の原動力は不満のみとは限りません。常に満ち足りた気持ちで暮らしながらも,何歳になっても謙虚さや向上心を失うことなく,自分が信じる目標や理想に向かって邁進(まいしん)し続ける人はいくらでもいるのではないでしょうか。)。他者に勝とうとして無理な背伸びをしたり,功を急いだり,世間から評価されようとして右往左往したり,自分の信念を捻(ね)じ曲げたりする必要などまったくありません(自分に嘘(うそ)をつけば,自分に対して合わせる顔がなくなり,自分との対面を避け続けた末に自分が本当にやりたいことが分からなくなってしまったり,いつしか,自分が信じられなくなり,自分を嫌い,自分を憎み,自分を粗末に扱うようになってしまったりしかねません。「嘘吐(うそつ)きは泥棒の始まり」とも言います。)。世間の評判や多数者の意見(多数決の結果も含め。)がいつでも正しいとは限りません(「聞いて極楽見て地獄」,「見ると聞くとは大違い」などとも言うように,世間の評判などを鵜呑(うの)みにし,自分の目で確かめたり,自分の頭で考えたり,判断したりすることをやめてしまったら,取り返しのつかない失敗や過ちを犯してしまう危険性さえあります。)。否定的な意見は声高に表明されることが多く(対照的に,肯定的な意見は普通の声音で表明されることが多く,あえて表明されないことさえ多いものです。),声高に表明された意見には世間の注目が集まりがちであり,特に,その表明者が大きな影響力を持っている場合には,一時的には多数の賛同者を得ることもありますが,大切なのは意見内容の正しさや真っ当さであり,声の大きさや賛同者の数ではありません。判断や行動を誤らないようにするためにも,くれぐれも声の大きさや賛同者の数などに惑わされたり,踊らされたりしないようにしたいものです。

 「十人十色」,「人は人,我は我」などとも言うように,人間には人それぞれの生き方があります。自分の可能性を十分に花開かせ,実を結ばせ,思い残すことのない充実した有益な人生を送るためには,他者に勝ち,他者より多くの財産や高い地位や大きな権力を手に入れたり,世間から評価され,名声を手に入れたりすることよりも(それらは本来,好きなことに全身全霊で打ち込み,最善を尽くした結果として後から付いてくるものであり(孔子でさえ,「孔子も時に会わず」と言われているぐらいですから,付いてこないことの方が圧倒的に多いとは思いますが。),人生の目的とすべきものではないと思います。実際,それらを手に入れたからといって,人生が,真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せなものになる保証などどこにもありませんし,むしろ,それらに執着すればするほど,心の目が曇り,自分が本当にやりたいと思える好きなことを見つけ損なってしまったり,心の平安を失い,不平不満,妬みそねみ,恨みつらみ,失意失望,自暴自棄といった心理状態に自分を追い込むことになってしまったりする危険性が高くなります。また,好きなことに打ち込めるということは,それ自体が幸せなことであり,生きる喜びなのですから,たとえ財産や地位や権力や名声などが後から付いてこなかったとしても,そのことで文句を言ったり,他者を恨んだり,運命を呪ったりすべきではなく,むしろ,自分が好きなことに打ち込めることの有り難さに心から感謝すべきであると思います。好きなことに打ち込めている人が,財産や地位や権力や名声などまで手に入れようとするのは,欲張り過ぎというものです。「二兎(にと)を追う者は一兎をも得ず」と言うとおりだと思います。),自分の欲望に打ち克ち,財産や地位や権力や名声などに対する執着から解放されることや,自分が進むべき道を見失うことなく,あるいは,自分が進むべき道を見つけ,自分が信じる目標や理想に一歩でも近づくことの方が,よほど重要なのではないでしょうか。

 「勝ち組」,「負け組」などという言葉もありますが,人生の目的は他者と競い合って人が羨むような社会的成功を手に入れることではありません。また,改めて言うまでもなく,経済的な豊かさと心の豊かさはまったく別のことです。経済的な勝者が人生の勝者であるとは限らないにもかかわらず,経済的に貧しいことをことさら悲惨なもの,恥ずべきものとして捉え,忌み嫌う風潮は(経済的な豊かさばかりに大きな価値を置き,経済的な豊かさばかりを必死になって追い求める風潮は),いったい何に由来するのでしょうか。このような風潮が,結局は,経済的に貧しい人たちは不幸であるという迷信を蔓延(はびこ)らせる結果につながっているように思います。そもそも,生きているということは,それ自体に大きな値打ちがあるのであり(生きているということは一つの奇跡です。この世の中にこれ以上の奇跡があるでしょうか。),他者に勝とうが負けようが,世間から評価されようがされまいが,その値打ちに変わりはありません。命の目方はみんな同じです。人間は生きているだけで十分に価値があるのであり,生きている人間の間に存在価値の差などあり得ません。生きていることそれ自体に幸せを感じ,心から感謝できるようになるなら,このことは実感として理解できるはずです。

 他者との勝負など,しょせんは「団栗(どんぐり)の背比べ」,「五十歩百歩」に過ぎませんし,私たちと他者は,お互いに支え合い,助け合ってこそ生きていられるのであり,その意味で,私たちと他者は一体なのですから,本来は勝ちも負けもないはずです。また,世間の評判など,そのほとんどは,ちょっとしたことですぐに手のひら返しに変わってしまうような無責任でいい加減なものです。私たちは自惚(うぬぼ)れやすく,自分は世間から評価され,期待されている,自分がいなくなったら世間が困り,悲しむなどと勘違いしがちですが,実際には,世間は私たちに対して関心さえほとんど持っていませんし,私たちがいなくなっても世間は何も困らずに回っていきます。地球も回り続けます。そのような世間に評価されないからといって落ち込んだり,評価されたからといって有頂天になったりすることほど馬鹿馬鹿しいことはないのではないでしょうか。毀誉褒貶(きよほうへん)に一喜一憂する必要などまったくありません。特に,他者の短所や欠点や弱みを指摘して平気で悪口を言えるということは,「目糞(めくそ)鼻糞(はなくそ)を笑う」,「青柿が熟柿弔う」などの類いであり,自分の短所や欠点や弱みが見えていないということ,すなわち,心の目が曇っていてあるがままの現実を見ることができていないこと,あるいは,他者の長所や美点や強みを認めるだけの器量(余裕)がないことの証左なのですから(「名人は人を誹(そし)らず」と言います。),そのような他者の言葉を真に受ける必要などまったくなく,「屁(へ)の河童(かっぱ)」くらいに思っていればいいのではないでしょうか。世間から高く評価されればうれしくなるのが人情ですし,日本人は世間の評判を過度に気にしやすい国民であると言われていますが,評価において重要なことは,評価してくれる人の数ではなく質です。なお,「出る杭(くい)は打たれる」,「大木は風に折られる」,「山高ければ谷深し」,「誉れは謗(そし)りの基(もと)」などと言うように,称賛されたり,脚光を浴びたりすることが多くなればなるほど,誹謗(ひぼう)中傷されたり,罵詈(ばり)雑言を浴びせられたり,足を引っ張られたりすることも多くなるのが世の常ですし(そもそも,人間は誰しも,長所と短所,美点と欠点,強みと弱み,肯定的な側面と否定的な側面の両面を備えているわけですから,称賛されるだけなどということは絶対にあり得ません。),調子に乗れば後で必ず痛い目を見ることになりますので,心の平安を乱されることなく,自分が信じる目標や理想に向かって自分が進むべき道を前進し続けたい(そのことを通じて,自分の可能性を十分に花開かせ,実を結ばせるとともに,他者や社会の役にも立ち,思い残すことのない充実した有益な人生を送りたい)と願うのであれば,「大賢は愚なるが如(ごと)し」,「能ある鷹(たか)は爪を隠す」などとも言うように,なるべく目立たないように慎み深く控えめに生きるのが(人知れず黙々と努力するのが)賢明な生き方なのかも知れません。それでもなお,世間から評価されるような事態に至ってしまった場合には,他者から羨ましがられたり妬まりたりしないように細心の注意を払いつつ,「耳の楽しむ時は慎むべし」と言うとおり,一段と気を引き締めて慎み深く控えめに生きる必要があるのではないでしょうか。

 「負けるが勝(かち)」,「負けて勝つ」,「急がば回れ」,「近道は遠道」,「大賢は大愚に似たり」,「人は見かけによらぬもの」などとも言いますが,人生において他者との勝ち負けや世間の評判など,取るに足りないことです。もちろん,人間が生きていく上において世の中に適応することは欠かせませんし,私たちが,自分が好きなことに打ち込み,自分の可能性を十分に花開かせ,実を結ばせることができるのも,その他のことを他者が負担し,分担してくれているおかげなのですから,他者に対する感謝の気持ちや世間に対する関心を失ってはいけませんし,困っていたり,苦しんでいたりする他者に対する支援や協力は進んで行うべきであると思います。また,自分を過信して独善に陥らないようにするためにも,自分の内外に対して常に心を開き,自分の心の声や他者の言葉(特に耳が痛いと感じられる言葉)に謙虚に耳を傾ける姿勢を保ち続けることは大切なことであると思います。しかし,他者との勝負や世間の評判を気にする余り,自分が本当にやりたいと思える好きなことを見つけ損なってしまったり,自分が信じる目標や理想に向かって前進し続けることを後回しにしてしまったり,自分が進むべき道を見失ってしまったりしたのでは,自分が生きている意味や,自分がこの世の中に生まれてきた意味がなくなってしまい,人生に大きな悔いを残すことになりかねません。

 人生は短く,しかも,この世の中において生きることのできるチャンスは,たった一度きりなのですから,心の目を曇らせることなく,心の平安を保ち続けるためにも,他者との勝ち負けや世間の評判などは余り気にせず(「君子危うきに近寄らず」,「逃げるが勝ち」,「三十六計逃げるに如(し)かず」,「人の噂(うわさ)も七十五日」,「和して同ぜず」などとも言います。),自分が本当にやりたいと思える好きなことを見つけることや,そこに見いだした自分なりの目標や理想に向かって自分が進むべき道を前進し続けることや,勇気を持って自分の信念を貫き通すこと(自分が本当に納得することのできる,自分に恥じることのない生き方を貫き通すこと)などにこそ,気持ちを集中し,限りある大切な時間やエネルギーを使いたいものです。