実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

自分の生き様を通して,真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな生き方の手本を示すことこそが,未来を担う子供たちに対する大人の務めである。

 「子供は親の背中を見て育つ」,「子供は大人の鏡」,「子供に勝る宝なし」などと言います。未来を担う子供たちに対しては,大人たちの思い通りに支配・管理しようとするのではなく(子供たちには,失敗する権利,すなわち,失敗や過ちから学ぶ権利がありますが,失敗や過ちから様々なことを学べるのは,それらが自分の自由意志や責任に基づいてなされた場合に限ります。他者によって強制された行動によって失敗や過ちを犯したところで,それらを自分の失敗や過ちと受け止めることはできないでしょうし,集団行動による失敗や過ちは,たとえその集団に自分が所属していたとしても,必ずしも自分の自由意志に基づく行動であるとは限らず,また,責任の所在があいまいであるため,十分な学びの機会にはなり得ません。),自分の生き様を通して,真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな生き方の手本を示すことこそが,大人としての務めであると思います(そもそも自分にできないことを他者に求めるべきではありませんし,当人が気持ちいいだけの建前的な説教よりも,本音がにじみ出る生き様にこそ,より大きな説得力や感化力があると思います。)。

 大人たちが,幸せや人生について真剣に考えようとせず,感謝する気持ちを忘れることなく足るを知ることや,自分が信じる目標や理想に向かって前進し続けることや,他者と仲良く助け合い,幸せを分かち合うことなどよりも,欲望のままに,他者と競い合って財産や地位や権力や名声などを手に入れることを高く評価し続ける限り,子供たちが曇りのない眼や心の平安を保ちつつ,真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送ることは,とても険しい道程(みちのり)であるように思います。子供たちが実り多い幸せな人生を送ることを本当に願うのであれば,まずは,大人たち,特に,政治家をはじめとする大人の代表者が,「どのようにすれば幸せになれるのか(私たちはどのようにすれば生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送ることができるのか)」,「人間はいかに生きるべきなのか(真に人間らしく実り多い人生を送るために私たちはいかに生きるべきなのか)」といったことを真剣に考え,拝金主義などの偏った価値観を改めた上で(改めて言うまでもなく,お金は,人生の手段であるに過ぎず,目的ではありません。生きていくのにお金は欠かせませんが,私たちは生きるためにお金を稼いでいるのであり,お金を稼ぐために生きているのではありません。「地獄の沙汰も金次第」とは言いますが,拝金主義に染まれば,物事はすべて金銭的価値によって評価されるようになってしまいます。お金を手に入れることが人生の主たる目的になり,私たちは金の亡者になってしまいます。そして,金銭以外の価値を見失えば,質素でつましい暮らしに生きる喜びや幸せを見いだしたり,生きていることそれ自体に価値を見いだしたりすることは困難になってしまいます。「お金で買えない物など何もない」と言う人もいますが,お金では買えない物(私たちの命,その命を守ってくれている宇宙や自然や人体の精妙な仕組みや働き,私たちの人生を成り立たせてくれている数知れぬ他者の直接的・間接的な支えや助け,自分の人生を自分の努力によって切り開いていこうとする意志,曇りのない眼や心の平安,感謝する気持ち,人生の真理などなど)こそが,本当は一番大切な物なのではないでしょうか。),より実り多い,より幸せな生き方を本気で模索し,探究する必要があるのではないでしょうか。