実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 528】

「よく世間の例を見ると,うまくいかなかった場合には,あれは何が悪かったんだ,誰の責任だと,ほかに責任をなすりつけてしまう。どうしてもそうなりがちなのですが,しかし考えてみると,究極の責任は,やはり自分が取らなければならないはずのものなのです。」(『原始仏典』,中村元筑摩書房

 

○私たちは,物事が自分の思い通りにならないと,それをすぐに他者や運命のせいにしてしまいがちですが,いくら他者を恨んだり,他者を責め立てたり,運命を呪ったり,不運を嘆き悲しんだりしたところで,事態が好転することはありません。そもそも,ままならないのが人生なのですし,他者や運命を自分の思い通りにすることなど,絶対にできないからです。事態を少しでも好転させたいと願うのであれば,人生はままならないものであるという事実をあるがままに受け入れた上で,事態が好転しない原因や責任は自分にある(少なくとも,自分にもある)と考えを改め,自分(自分の考え方や生き方や心の持ち方など)を変えたり,自分がなすべきことに最善を尽くしたりすることにこそ,限りある大切な時間やエネルギーを使うべきなのではないでしょうか。人生はままならないものであるとは言え,人生の主人公はあくまでも自分なのですから,自分の人生を自分の努力によって切り開いていこうとする姿勢だけは失いたくないものです。(前書き)(3)(4)(6)(15)関連