実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

自分を人間的に成長・向上させ続けるためには,自分の成長・向上の可能性を信じ続けるとともに,初心を忘れずに謙虚さを保ち続けることが重要である。

 私たちは,どのようにすれば自分を人間的に成長(成熟)・向上させ続けることができるのでしょうか。

 重要なのは,自分で自分を見限ることなく,何歳になっても自分の成長・向上の可能性を信じ続けることであると思います。そして,何歳になったとしても,どれだけ経験を積んだとしても,どれだけ大きな社会的成功を手に入れたとしても,決して慢心することなく,初心を忘れずに謙虚さ(謙遜とは異なる真の謙虚さ)を保ち続けることだと思います(「実るほど頭(こうべ)を垂(た)れる稲穂かな」と言うように,成長・向上するにつれてますます謙虚になっていくというのが,人間の本来あるべき姿なのではのがないでしょうか。特に,変化の激しい現代社会にあっては,まさに「習うは一生」であり,私たちは必然的に初心・謙虚であらざるを得ないのではないでしょうか。)。

 自分が成長・向上する可能性を信じ続けることができなければ,今日を精一杯生きるための,自分を人間的に成長・向上させ続けるためのエネルギーは湧いてきません。また,慢心して謙虚さを失えば,生き生きとした好奇心やみずみずしい感受性,自分の無知さや未熟さを自覚しての真摯に学び,努力する姿勢や素直に反省する態度(日々立ち止まって自分を振り返り,自分が犯した失敗や過ちを素直に認めた上で,それらから学ぶべきことを十分に学び(経験を十分に消化して認識にまで高め),学んだことを決して忘れまいとする態度)といったものを失い,そこで成長や向上は止まってしまいます(社会の変化にも取り残されてしまいます。)。そして,真摯に学ぶ姿勢などを失えば,「思いて学ばざれば即ち殆(あや)うし」とも言うように,独り善がりな傾向ばかりを強めて世の中に適応することが難しくなるとともに(「地獄は善意で敷きつめられている」とも言うように,独り善がりな善意・熱意ほど怖いものはありません。),あとは退歩・退行し(未熟な状態に逆戻りし),堕落する一方となってしまいます(自分に揺るぎない自信や誇りを持ち続けることが,かえって難しくなってしまいます。)。「自慢高慢馬鹿のうち」,「自慢は知恵の行き止まり」などと言うように,自慢をしない人間の評価が上がりがちであるのとは対照的に,自慢をする人間の評価が下がりがちなのは,慢心した人間は柔軟性や向上心を失いやすく,それ以上の成長・向上が望めないだけではなく,「井の中の蛙(かわず)」や「御山(おやま)の大将」になってしまう危険性が高いとみんなが知っているからなのではないでしょうか。

 なお,「知る者は言わず,言う者は知らず」と言うように,人間は本来,物事を深く知れば知るほど,それに伴って分からないことも増えてくるため,発言は控え目になり,慎重になっていくのが自然であり(これが真の学問(学び)の有り様(よう)なのではないでしょうか。),実際,「深い川は静かに流れる」とも言うように,人生経験を積んだ(人生について深い知識を有する)思慮深い老人は,人生経験の乏しい(人生について浅い知識しか有していない)思慮の浅い若者に比べて物静かであり,口数が少ないのが普通です。しかし,慢心した人間は,物事を浅くしか知らないにもかかわらず,生半可な知識を得て何でも知っているつもりになってしまうので(自分が無知であるという自覚を失ってしまうので),黙っていることが難しくなり,とかく知識をひけらかしたり,何事にも口を差し挟もうとしたりしてしまいがちです(影響力のある人が自己顕示的に知ったか振りをすれば,その軽はずみな言動によって世論や多くの人の行動が一時的にせよ誤った方向に導かれてしまう危険性がありますので,有名人が,少なくとも自分が専門とする分野以外について発言する際には,特に,否定的・批判的な発言をする際には,自分の発言が間違っている可能性があることを十分に認識した上で,慎重の上にも慎重を期して発言する必要があると思います。)。また,慢心し,何でも知っているつもりになってしまうと,知っていることなど本当は高が知れているのに(大量の知識を頭に詰め込みながら,本当に必要な,実り多い幸せな人生を送るための生活の知恵はほとんど身に付けていない,ということもよくある話です。),それ以上知ろうとする熱意や意欲を失いやすく,それに伴い人生は,年とともに謎が深まり神秘さを増すというのとは逆に,分かりきった退屈なものになってしまいがちです。

 人間は総じて自惚(うぬぼ)れやすく(自分の短所や欠点や弱みにはなかなか目が向きにくく),とかく自分を実際以上に見積もりがちです。その結果,人間は自分が得意な分野でこそ失敗する(「策士策に溺れる」,「泳ぎ上手は川で死ぬ」,「善く泳ぐ者は溺れ,善く騎(の)る者は堕(お)つ」など),人間は得意になっている時ほど失敗する(「勝って兜(かぶと)の緒を締めよ」,「生兵法は怪我(けが)の基(もと)」,「用心は臆病にせよ」,「百里の道は九十九里を半ばとする」など),災は,天災だけではなく人災も忘れた頃にやってくる(「治にいて乱を忘れず」,「油断は怪我(けが)の基(もと)」,「油断大敵」など)といった現象を生じさせることになります。人間が生きていくためには,特に未熟な若者が劣等感に押し潰されることなく自信を持って前向きに生きていくためには,多少の自惚れは必要なのかも知れませんが,いい気になって油断をすれば,いつか必ず大きな痛手を被ることになります(自己評価(自分に対する自分の評価)と他者評価(自分に対する他者からの評価)のズレは社会不適応のサインであるとも言われています。)。致命的な失敗や過ちを避けるためにも,人間は自惚れやすい生き物であるという自覚だけは常に持っていたいものです。短所や欠点や弱みは,それらを根本的に改善することは難しくても,それらを自覚することは比較的容易であり,自覚することによって短所や欠点や弱みに足をすくわれる危険性(自分を過信して痛い目に遭う危険性)は格段に低下すると思うからです。

 自分を人間的に成長・向上させ続けるためには,自分の狭い経験からだけではなく,広く他者の経験から学ぶことも重要です。特に,「古典」と呼ばれるような,人類の経験や英知の精髄・結晶とも言える良書を愛読・熟読・精読することは,非常に貴重な学びの機会になり得ます。真理に新しいも古いもなく,むしろ,時の試練に耐えて生き残ったものこそが真理なのでしょうから,「温故知新(故(ふる)きを温(たず)ね新しきを知る)」という精神を忘れないようにしたいものです。なお,「学びて思わざれば則(すなわ)ち罔(くら)し」と言うように,学んだことを実生活に取り入れ,日々の生活に役立てられるようにするためには,学んだことを自分の頭で十分に考えて咀嚼(そしゃく)し,消化し,血肉化するという作業が欠かせません(学んだことが単なる知識にとどまっていたのでは,それが自分の考え方や生き方や心の持ち方などに影響を与えることはほとんどないと思いますし,それを自分の人生に生かすことも難しいと思います。)。「早い者に上手(じょうず)なし」とも言いますので,読書に際しては,効率重視の速読ではなく,熟読・精読を心がけ,読書の途中で立ち止まって考える時間をこそ大切にしたいものです。また,ほとんどどのような情報にも簡単にアクセスできる便利な時代になりましたが,より多くの情報にアクセスして,より多くの知識を頭に詰め込む(あるいは,クラウド上にため込む)ことよりは,氾濫する情報の中から自分に本当に必要な情報を正しく見極めた上で,それを生活の知恵としてしっかり体得することにこそ関心を払い,力を注ぎたいものです。