実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 744】

「河が海に帰るように,人が贈る物はその人に帰ってくる。」(『世界ことわざ名言辞典』,モーリス・マルー編,田辺貞之助監修,島津智編訳,講談社

 

○私たちは,孤立無援の状態では生きていられません。実際,例えば,衣・食・住のどれ一つをとっても,現代社会において自給自足できている人など一人もいないのではないでしょうか。私たちは,他者と支え合い,助け合ってしか生きていられないのであり,その意味で,私たちと他者は一体なのですから(私たちと他者は,持ちつ持たれつの相互依存関係にあるのですから),他者に益をもたらすような私たちの行動は,回り回っていつかは必ず自分に益をもたらすことになります。逆に,他者に害をもたらすような私たちの行動は,回り回っていつかは必ず自分に害をもたらすことになりまする。まさに「情けは人の為(ため)ならず」,「人を呪わば穴二つ」です。なお,このように,困っている他者や苦しんでいる他者の手助けをすることは,自分を手助けすることに他ならないのですから,他者の手助けをすることによって,それ以上の見返りや報酬を得ようとするのは,欲張り過ぎというものです。(11)(14)(19)(20)関連