実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 707】

セネカは,富に執着しないかぎり,それを楽しむのは何の問題もないと指摘する」,「仏陀は金持ちの商人であったアナタピンディカの質問に答えて,「人を奴隷にするのは生でも,富でも,力でもなく,生と富と力への執着なのだ。」と語った」(『欲望について』,ウィリアム・B・アーヴァイン,竹内和世訳,白揚社

 

○財産や地位や権力や名声などを手に入れることに執着すればするほど,心の目は曇り,心の平安は乱れ,不平不満,妬みそねみ,恨みつらみ,失意失望,自暴自棄といった心理状態に自分を追い込んでしまう危険性は高まり,幸せであることからは遠ざかってしまいます。しかし,自分が好きなことに全力で打ち込み,最善を尽くした結果として,期せずして財産や地位や権力や名声などを手に入れてしまったとしても,それらに執着しない限りは,それらによって心の目が曇ったり,心の平安が乱れたり,不幸な心理状態に自分を追い込んでしまう危険性が高まったりすることはありません。むしろ,活用次第では,それらを他者や社会のために役に立てることさえ可能です。要するに,財産や地位や権力や名声などに対しては,自分がそれらの虜(とりこ)になってしまわないように最大限の用心をする必要はありますが,それらに執着しないでいられるなら,それらを親の敵のように忌み嫌う必要まではないということです。(1)(6)(10)(14)関連