実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることができるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

【実り多い幸せな人生に関する名言等 967】

「人は,つねに自分の幸福をのぞむものだが,つねに幸福を見わけることができるわけではない。」(『社会契約論』,ルソー,桑原武夫・前川貞次郎訳,岩波書店

 

○幸せ(幸せであること)は,すべての人間の共通の願いです。実際,この道を選べば必ず幸せになれると分かっているときに,あえてその道を選ばない(あえて不幸へと至る道を選ぶ)人がいるでしょうか。道に迷ったり,道を踏み外したりして幸せになれない人たちは,どの道を選べば幸せになれるのかが分からないだけなのではないでしょうか。他者と競い合って社会的(世俗的)な成功を収め,財産や地位や権力や名声などを手に入れなければ幸せになれないなどといったデマを鵜呑(うの)みにしたり,そのようなデマに踊らされたりすることなく,どのようにすれば幸せになれるのかということを真剣に学び,真剣に考え,真剣に試行錯誤することによって,幸せへと至る道を正しく選択できるようになりたいものです。(2)(10)関連