実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 383】

「人間が不幸なのは,自分が幸福であることを知らないからだ。ただそれだけの理由なのだ。(ドストエフスキー)」(『教養が滲み出る 極上の名言1300』,斎藤茂太監修,日本文芸社

 

○幸せとは,自分が幸せであることに気づくことである,と言います。言い方を換えれば,自分が幸せであることに気づけない人は幸せにはなれない,ということです。私たちは本来,生きているというだけですでに十分に幸せなのに,その有り難さになかなか気づけず,たとえ気づけたとしても感謝する気持ちをすぐに忘れてしまうがゆえに,不平不満や妬みそねみや恨みつらみといった否定的な感情ばかりを募らせ,挙げ句の果てには,自分は不幸であると思い込むようになってしまうのではないでしょうか(自分は不幸であると感じている人は不幸なのですから,自分は不幸であると思い込むことと,不幸であることは,同じことです。)。自分が今ここでこうして生きていられることの有り難さ(より具体的には,自分が生活している社会の驚くべき豊かさや安全さや便利さ,自分の人生を成り立たせてくれている数知れぬ他者の直接的・間接的な支えや助け,自分の命を守り,自分が生きることを可能にしてくれている宇宙や大自然や人体の神秘的とさえ言える精妙な仕組みや働きなど)に深く思いを致し,心から感謝する習慣を身に付けることによって,生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになり,ひいては,自分が幸せであることをしっかり自覚できるように(自分は不幸であるという思い込みから完全に抜け出せるように)なりたいものです。(2021年3月23日)(1)(3)(4)(5)(6)(7)関連