実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 530】

「私はいつも学問の本質に焦点を絞っているのだ。」(『現代語訳 論語』,宮崎市定岩波書店

 

○ほとんどどのような情報にも簡単にアクセスできる便利な時代になりましたが,大切なことは,より多くの情報にアクセスし,より多くの知識を頭に詰め込む(クラウド上にため込む)ことではなく,実り多い幸せな人生を送る上において本当に必要な情報にアクセスし,それを生活の知恵としてしっかり身に付けることなのではないでしょうか。実り多い幸せな人生を送る上において必要とされる情報は,それほど多いとは思えませんし,知識は体得され,実生活において役立てられてこそ意味があると思うからです。氾濫する雑多な情報に振り回されて時間やエネルギーを無駄遣いするのではなく,自分にとって本当に必要な情報を正しく見極め,それを十分に咀嚼(そしゃく)・消化し,血肉化することにこそ(そして,人生を実り多い幸せなものにすることにこそ),限りある大切な時間やエネルギーを使いたいものです。(前書き)(12)関連