実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

【実り多い幸せな人生に関する名言等 791】

「目標を実現することが肝心なのではない。目標に向かって一歩一歩進むことが大切なのである。」,「もともと人間の寿命は約束されていない。・・・到達が問題なのではない。過程こそが人生のすべてなのである。」(『名言の智恵 人生の智恵』,谷沢永一PHP研究所

 

○簡単に到達・実現できてしまうような目標では,人生の指針にはなり得ませんし,簡単ではないにせよ,努力次第で到達・実現できてしまうようなものでは,人生の途中で自分が進むべき道を見失ってしまうようなことにもなりかねません。「少年よ大志を抱け」と言うように,人生に掲げる目標や理想は,大きければ大きいほど,高ければ高いほど望ましいのではないでしょうか。死ぬ瞬間まで自分を人間的に成長(成熟)・向上させ続けるためにも(そのことを通じて,自分の可能性を十分に花開かせ,実を結ばせるとともに,多少なりとも他者や社会の役に立つためにも),自分の人生にできる限り大きな目標や高い理想を掲げ,その目標や理想に向かって自分が進むべき道を自分の歩幅で一歩ずつ前進し続ける過程をこそ大切にしたいものです。なお,人生に掲げる目標や理想は,到達・実現するためのものではなく,人生の指針を明確化し,自分が進むべき道を明らかにするためのものなのですから,たとえ何歳になったとしても,目標や理想を掲げるのに遅すぎるということはありません。(13)(14)関連