実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 自戒の念を込め,どのようにすれば真に人間らしく(自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な),生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送れるのかということについて,あるいは,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であるということについて,様々な名言などをヒントにしつつ(それらに含まれている人生の真理を私なりに理解しつつ),できる限り分かりやすく筋道立てて説明していきたいと思います。皆様が実り多い幸せな人生を送る上において,多少なりともお役に立てれば幸いです。               皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

(4)①人間の欲望には限りがなく,人間は生きていくのに必要なものだけでは満足できない。

 欲望は生の証(あかし)であり,欲望を満たそうとすることは生き物にとって自然なことです。しかし,人間の欲望は苦しみや悲しみの種でもあります。「欲に限りなし」,「欲に頂なし」,「欲に底なし」,「思う事一つ叶(かな)えばまた一つ」,「持てば持つほど欲が出る」,「千石取れば万石望む(千石を取れば万石を羨む)」などと言うように,人間の欲望は,必ずしも本能(自然)に基づくものではないだけに限りがなく,放って置けば,とどまる所を知らず,どこまでも肥大化していくからです。そして,誰もが必要以上に欲張るようになり,誰もが意味もなく不満(怒りの火種)を募らせるようになり,誰もが他者を競争相手(敵)と見なしてパイを奪い合うようになってしまうからです。経済成長を促すべく,人々の欲望の肥大化を歓迎したり,奨励したり,そそのかしたりする社会にあっては,なおさらです。「人は足るを知らざるを苦しむ」と言うように,人間が他の生き物と最も異なるところは,生きていくのに必要なものだけでは満足できず,必要以上のものまで欲しがり,その結果,不満ばかりを募らせてしまうところと言えるのではないでしょうか。