実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 自戒の念を込め,どのようにすれば真に人間らしく(自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な),生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送れるのかということについて,あるいは,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であるということについて,様々な名言などをヒントにしつつ(それらに含まれている人生の真理を私なりに理解しつつ),できる限り分かりやすく筋道立てて説明していきたいと思います。皆様が実り多い幸せな人生を送る上において,多少なりともお役に立てれば幸いです。               皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

実り多い幸せな人生を送るために(要点)

(前書き)実り多い幸せな人生を送れるか否かは自分の意志や努力次第なのだから,何としてでも真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたい。

①真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたい。

②私たちは,過去の経験や遺伝や環境(他者や社会など)の奴隷ではない。

③実り多い幸せな人生を送れるか否かは,最終的には自分の意志や努力次第である。

 

 

1 どのようにすれば幸せになれるのか

 

《幸せとは》

 

1)幸せとは,自分が幸せであることに気づくことであり,それさえできれば,社会的な成功など収めなくても,誰でも幸せになり,幸せであり続けることができる。

①幸せとは,自分がすでに十分に幸せであることに気づくことである。

②生きているということは一つの奇跡であり,心から感謝すべき有り難いことである。

③人生には,困難や苦労を補って余りあるほどの生きる喜びや幸せが詰まっている。

④幸不幸は心の持ち方次第であり,幸せであるための条件は誰にでも備わっている。

⑤自分がすでに十分に幸せであることに気づくことさえできれば,誰でも幸せになれる。

⑥誰でも,自分の意志や努力次第で幸せになり,幸せであり続けることができる。

 

(2)人生に大きな悔いを残さないようにするためにも,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送ることにこそ,最大限の関心を払い,最大限の力を注ぐべきである。

①死ぬ瞬間には誰もが,自分が幸せであったことに気づき,感謝の気持ちを新たにする。

②自分が幸せであったことに死ぬ瞬間に気づくのでは,人生が余りにももったいない。

③幸せな人生を送ることにこそ,最大限の関心を払い,最大限の力を注ぐべきである。

④権力は,権力を私物化する危険性の少ない利他的傾向のある人間に託すべきである。

 

(3)世の中を寛容で和気藹々とした暮らしやすいものにするためにも,自傷他害的な行動に走ることなく,有益無害な人生を送るためにも,私たちは幸せである必要がある。

①自分は不幸であると思い込んでいる人間は,自傷他害的な行動に走りがちである。

②不幸な人間が増えれば増えるほど,世の中は不寛容で暮らしにくいものになっていく。

③暮らしやすい社会を実現し,有益無害な人生を送るためにも,幸せである必要がある。

 

《なぜ自分が幸せであることになかなか気づけないのか》

 

4)人間の欲望には限りがないため,自分の欲望に自分の意志でブレーキを掛けない限り,不平不満ばかりを募らせては,自分が幸せであることに気づけなくなってしまう。

①人間の欲望には限りがなく,人間は生きていくのに必要なものだけでは満足できない。

②自分の欲望にブレーキを掛けない限り,私たちの心が満ち足りるということはない。

③自分の欲望にブレーキを掛けない限り,他者は敵になり,自然は破壊されてしまう。

④欲望にブレーキを掛けない限り,自分が幸せであることに気づくことはできない。

⑤欲望にブレーキを掛けない限り,欲望の充足が人生の最優先事項になってしまう。

 

(5)恵まれない境遇に生まれ育つなどして世の中の否定的な側面ばかりに目を向けるようになってしまったために,自分が幸せであることに気づけなくなっている人もいる。

 

《どのようにすれば自分が幸せであることに気づけるようになるのか》

 

6)自分の欲望に自分の意志でブレーキを掛け,必要以上に欲張ることさえやめれば,自分の人生に満足することが可能になり,自分が幸せであることに気づけるようになる。

①必要以上に欲張ることをやめさえすれば,自分の人生に満足することが可能になる。

②自分の欲望にブレーキを掛ければ,他者は仲間になり,環境破壊の危険性も低下する。

③欲望にブレーキを掛ければ,自分が幸せであることに気づけるようになる。

④欲望にブレーキを掛ければ,人生の最優先事項を見誤るようなことはなくなる。

⑤欲張ることなく,自分が持っているものだけで満足できるようになる必要がある。

⑥自分の持ち物を減らすことには意味があるが,そのことにこだわり過ぎてはいけない。

 

(7)人間の幸不幸を決めるのは,境遇や運命ではなく,最終的には心の持ち方なのだから,自分の心の持ち方を変えることにこそ,時間やエネルギーを使うべきである。

①幸せを感じたり,自分の人生に満足したりすることと境遇は,ほとんど無関係である。

②不機嫌であるということは,一種の迷惑行為,社会人としてのマナー違反である。

③人生は,境遇とは関係なく,心の持ち方次第でまったく別のものになってしまう。

④人間の幸不幸を決めるのは,境遇や運命ではなく,最終的には心の持ち方である。

⑤自分の心の持ち方を変えることにこそ,時間やエネルギーを使うべきである。

 

(8)上の空で生きることをやめ,今この瞬間を決して疎かにすることなく常に心を込めてマインドフルに生きるということは,幸せであるための重要なポイントである。

①上の空で生きていたのでは,いま自分の目の前にある幸せに気づくことさえ難しい。

②「小さな幸せ」に気づけるようになるためには,常にマインドフルである必要がある。

③現在(今この瞬間)の掛け替えのなさを常に念頭に置きながら生活することの大切さ。

④外界に対してのみならず,自分自身に対しても常にマインドフルであることの大切さ。

⑤今この瞬間を疎かにしないということは,幸せであるための重要なポイントである。

 

(9)自分が幸せであることに気づけるようになるためには,世の中の肯定的な側面にこそ積極的かつ意識的に目を向け,世の中を肯定的に捉えられるようになる必要がある。

①世の中の否定的な側面のみならず,肯定的な側面にも広く公平に目を向けること。

②世の中の肯定的な側面にこそ積極的かつ意識的に目を向ける習慣を身に付けること。

③老いることや病気になることや死ぬことにさえ,肯定的な側面はある。

④私たちの心には生まれ付き,全体のバランスを取ろうとする特性が備わっている。

⑤自分を変えることによって幸せになることを望むのであれば,自分が頑張るしかない。

⑥たとえどのような逆境にあったとしても,幸せになることは誰にでも可能である。

⑦たとえどのような逆境にあったとしても,人生に絶望してはいけない。

⑧世の中を肯定できるようになるということは,幸せであるための必須条件と言える。

 

 

2 幸せであることを大前提として,いかに生きるべきなのか

 

《なぜ幸せであることが人生の大前提なのか》

 

10)幸せであることは,すべての人間の共通の願いであり,有益無害な人生を送ることを望む真っ当な社会人にとっての義務であるとともに,人生の大前提である。

①幸せであることは全人類共通の望みであり,誰もが幸せであることを望んでいる。

②幸せであることは,有益無害な人生を送ることを望む真っ当な社会人の義務である。

③幸せであることは,人生のゴールではなく,人生のスタートライン(大前提)である。

 

《幸せであることを大前提として,いかに生きるべきなのか》 

 

11)自分を人間的に成長・向上させ続けながら,他者と仲良く助け合い,生きる喜びや幸せを分かち合って生きるのが,人間として自然で真っ当な生き方である。

①自分を人間的に成長・向上させ続けながら,他者と仲良く助け合って生きること。

②自分を人間的に成長・向上させ続けることで,思い残すことのない人生を送りたい。

③私たちと他者は本来一体なのだから,仲良く助け合って生きるべきである。

④細部を疎かにすることなく,自分の身体の声や心の声などもきちんと耳を傾けること。

⑤豊かで安全で便利な社会にあっては,他者はただの競争相手になってしまう。

⑥人間は独りでは生きていられないという事実を心に深く刻み付けることの大切さ。

⑦他者を信頼するとともに,他者と支え合い,助け合える関係になることの大切さ。

 

《どのようにすれば自分を人間的に成長・向上させ続けることができるのか》 

 

12)自分を人間的に成長・向上させ続けるためには,自分の成長可能性を信じ続けるとともに,初心を忘れずに,自分の経験などから謙虚に学び続けることが重要である。

①自分の成長可能性を信じ続けるとともに,初心を忘れずに謙虚さを保ち続けること。

②年齢を重ねれば重ねるほど謙虚になっていくというのが人間の本来あるべき姿である。

③慢心すれば独善に陥る危険性が高まるが,独り善がりな善意ほど怖いものはない。

④慢心した人間は,生半可な知識を得て何でも知っているつもりになりがちである。

⑤有名人が知ったか振りをすれば,世論が間違った方向に導かれてしまう危険性もある。

⑥人間は自惚れやすい生き物であるという自覚を常に持っていることの大切さ。

⑦自分の経験からのみならず,他者や先人の経験などからも学び続けることの大切さ。

⑧学んで得られた知識は,体得され,実生活において生かされてこそ意味がある。

⑨広くて浅い網羅的な学習については,ほどほどのレベルにとどめることが望ましい。

⑩物事に粘り強く取り組み続けられる人間が正しく評価される社会になってもらいたい。

 

(13)自分を人間的に成長・向上させ続けるためには,自分が好きなことを見つけ,そこに見いだした目標や理想に近づくための努力を楽しめるということが重要である。 

①自分が好きなことを見つけ,長年にわたって怠ることなく努力し続けることの大切さ。

②何事も,嫌々やるのではなく,是非とも楽しみながら全力で前向きに取り組みたい。

③自分が信じる目標や理想がなければ,あてもなく彷徨い続けることになってしまう。

④人生に掲げる目標や理想は,大きければ大きいほど,高ければ高いほど望ましい。

⑤人生に掲げる目標や理想は,自分の意志や努力次第で実現可能なものにすべきである。

⑥人生に掲げる目標や理想は,常に見直され,より善いものに修正されるべきである。

 

(14)他者との勝負や他者からの評価に気を散らすことなく,自分が信じる目標や理想に向かって前進し続けることなどにこそ,限りある大切な時間やエネルギーを使いたい。

①自足しながらも,謙虚さや向上心を失うことなく,人間的に成長・向上し続けること。

②成長・向上し続けるために,他者に勝ったり他者から評価されたりする必要はない。

③社会的な成功ではなく,実り多い幸せな人生を送ることをこそ目指すべきである。

④好きなことに打ち込めている人間が社会的な成功まで求めるのは,欲張り過ぎである。

⑤他者に勝とうが負けようが,人間は生きているというだけで十分に価値がある。

⑥誰もがその価値を十分に認められ,誇りを持って暮らせるような社会であって欲しい。

⑦毀誉褒貶に一喜一憂しないでいられるだけの鈍感さや図太さを身に付ける必要がある。

⑧悪口を言われるなどしても相手にせず,「河童の屁」くらいに思っていればいい。

⑨なるべく目立たないように慎み深く控え目に生きるのが,最も賢明な生き方と言える。⑩世の中を支えているのは,舞台裏で黙々と人知れず努力している無名の人たちである。

11 何事も自分の目で確かめ,自分の頭で考え,主体的に行動できるようになりたい。

12 有名人が大きな声で扇動すれば,多数の人間が間違った方向に誘導されてしまう。

13 自分が信じる目標や理想に向かって前進し続けることなどにこそ,力を尽くしたい。

14 他者に対する感謝の気持ちを忘れることなく,他者の言葉に謙虚に耳を傾けること。

 

(15)人生に行き詰まってしまった場合には,その主たる原因や責任は自分にあると考え,自分を変えることなどによって,人生の行き詰まりの打開を目指すべきである。

①他者や社会のせいにしている限り,人生の行き詰まりを打開することはできない。

②人生に行き詰まったことの主たる原因や責任は自分にあると考えを改めること。

③他者や社会や世の中を変えたいと願うのであれば,まずは自分が変わる必要がある。

 

《どのようにすれば他者と仲良く助け合い,生きる喜びや幸せを分かち合うことができるのか》 

 

16)他者と仲良く助け合い,生きる喜びや幸せを分かち合うためには,まずは自分が幸せである必要があり,自分と他者が共に幸せでいられる道をこそ選択すべきである。

①他者と助け合い,幸せを分かち合うためには,まずは自分が幸せである必要がある。

②他者の幸せを願うのであれば,自分と他者が共に幸せでいられる道を選ぶべきである。

 

(17)他者に対しては,相手の心の中に住む善人にこそ目を向け,相手を好きになるように心がけつつ,同じ人間同士として,常に共感的かつ寛容な対応を心がけるべきである。 

①誰の心の中にも善人と悪人が同居しており,私たちは善人にも悪人にもなり得る。

②自分の心の中に善人と悪人が同居しているということを忘れないようにしたい。

③私たちが他者をどのように見るかによって,その他者は悪人にも善人にもなり得る。

④人間関係はお互い様であり,どちらか一方だけが悪い(善い)などということはない。

⑤他者の心の中に住む善人に目を向け,他者を好きになることを心がけるべきである。

⑥他者が犯した失敗や過ちに対しては,共感的かつ寛容な対応を心がけるべきである。

⑦他者を一方的に否定したり,非難したりするようなことは,極力控えるべきである。

 

(18)他者と仲良く助け合い,生きる喜びや幸せを分かち合えるようになるためにも,自分の人生に満足できているようになるとともに,人生の指針を明確化する必要がある。

①自分と他者を比較しては他者との勝負にこだわり,他者と競い合うことの愚かしさ。

②足るを知るとともに自分が信じる目標や理想に向かって邁進し続けることの大切さ。

 

(19)不幸な状況にある他者が幸せになるための手助けをすることは,他者と支え合い,助け合ってこそ生きていられる私たち人間にとっての,当然の務めである。

①不幸な状況にある他者に対しては,親身になって自分にできる限りの手助けをしたい。

②不幸な状況にある他者の手助けをすることは,人間としての当然の務めである。

③他者を益する行動は,回り回っていつかは必ず自分を益することにつながってくる。

 

 

3 その他

 

《未来を担う子供たちに対する大人の務めとは》

 

(20)自分の生き様を通して,真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな生き方の手本を示すことこそが,未来を担う子供たちに対する大人の務めである。

①実り多い幸せな生き方の手本を示すことこそが,子供たちに対する大人の務めである。

②子供たちには,自分が犯した失敗や過ちから様々なことを学ぶ権利がある。

③民主主義の下では,国民は,自分の失敗や過ちから様々なことを学ぶことができる。

④大人が善い手本を示さなければ,子供たちが実り多い幸せな人生を送ることは難しい。

⑤まずは大人が,実り多い幸せな生き方を本気で模索し,探究する必要がある。

 

《今後どのような社会の実現を目指すべきか》

 

(21)社会の進歩・発展や生活水準の向上をある程度は犠牲にしてでも,誰もが実り多い幸せな人生を送れるような節度ある豊かな社会の実現を目指すべきである。

①社会の進歩・発展と私たちの幸福度や礼節の度合いは,本当に比例しているのか。

②物質的な豊かさを犠牲にしてでも,心の豊かさを追求する方向に舵を取るべきである。

③節度ある豊かな社会において実り多い幸せな人生を送ることをこそ目指すべきである。

④どのような経済格差社会に暮らそうとも,実り多い幸せな人生を送ることはできる。

⑤お金は人生の手段であるに過ぎず,私たちはお金を稼ぐために生きているのではない。

⑥経済的には貧しくても,誇りを持って心豊かに幸せな人生を送ることは可能である。

⑦お金では買えないものの有り難さに気づけないということは,不幸そのものである。

 

 

(後書き)真理を真理であると見抜き,見分けられるだけの眼力を養うとともに,人生の真理を「生活の知恵」としてしっかり身に付け,実生活において生かせるようにしたい。

①人生の真理というものは,本来単純明快なものであり,すでに言い尽くされている。

②人生の真理に古いも新しいも,東も西もなく,人生の真理は全人類の共有財産である。

③真理を真理であると見抜ける眼力を養うとともに,人生の真理をしっかり体得したい。