実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 自戒の念を込め,どのようにすれば真に人間らしく(自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な),生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送れるのかということについて,あるいは,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であるということについて,様々な名言などをヒントにしつつ(それらに含まれている人生の真理を私なりに理解しつつ),できる限り分かりやすく筋道立てて説明していきたいと思います。皆様が実り多い幸せな人生を送る上において,多少なりともお役に立てれば幸いです。               皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

(20)④大人がよい手本を示さなければ,子供たちが実り多い幸せな人生を送ることは難しい。

 自分の生き様を通して,真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな生き方の手本を示すことこそが,未来を担う子供たちに対する大人の務めです。生き方の手本を示すべきその大人が,幸せや人生について真剣に考え,真剣に学び,真剣に試行錯誤(実践)しようとせず,感謝する気持ちを忘れることなく足るを知ることや,自分が信じる目標や理想に向かって自分が進むべき道を前進し続けることや,他者と仲良く助け合ったり,生きる喜びや幸せを分かち合ったりすることなどよりも,欲望を肥大化させるがままに,より多くのものを追い求め続けることや,他者と競い合って財産や地位や権力や名声などを手に入れることや,他者と足を引っ張り合ったり,パイを奪い合ったりすることなどを高く評価し続けるなら,子供たちが実り多い幸せな人生を送ることは,とても険しい道程(みちのり)にならざるを得ないのではないでしょうか。