実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 自戒の念を込め,どのようにすれば真に人間らしく(自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な),生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送れるのかということについて,あるいは,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であるということについて,様々な名言などをヒントにしつつ(それらに含まれている人生の真理を私なりに理解しつつ),できる限り分かりやすく筋道立てて説明していきたいと思います。皆様が実り多い幸せな人生を送る上において,多少なりともお役に立てれば幸いです。               皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

⑦毀誉褒貶に一喜一憂しないでいられるだけの図太さや鈍感さを身に付ける必要がある。

 他者からの評価などというものは,そのほとんどは,噂(うわさ)の域を出ず,ちょっとしたことですぐに手のひら返しに変わってしまうような無責任でいい加減なものです。さらに言えば,私たちは自惚(うぬぼ)れやすく,自分は周囲の人たちから評価され,期待されている,自分がいなくなったら周囲の人たちが困り,悲しむなどと勘違いしがちですが,実際には,周囲の人たちは,私たちが自惚れているほどには私たちを評価も期待もしてくれていませんし,私たちに対して関心さえそれほど強くは持ってくれていません。それは,私たちが周囲の人たちに対してそれほど強くは関心を持っていないのと同じです。私たちがいなくなっても周囲の人たちは何も困らずに生きていきますし,地球は回り続けます。そのような人たちに評価されないからといって落ち込んだり,評価されたからといって有頂天になったりすることほど馬鹿馬鹿しいことはないのではないでしょうか。毀誉褒貶(きよほうへん)に一喜一憂する必要など,まったくありません。むしろ,私たちは,毀誉褒貶に一喜一憂しないでいられるだけの図太さや鈍感さをこそ身に付けるべきであると思います。