実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることができるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

【実り多い幸せな人生に関する名言等 1026】

「人を不安にするものは,事柄そのものではなく,むしろそれに関する人の考えである。」(『幸福論』,ヒルティ,草間平作訳,岩波書店

 

○簡素でつましい暮らしは,それを他者に強制されれば,ただの貧しくて惨めな暮らしかも知れませんが,足るを知る人が自分の意志で選択した場合には,かえって心豊かで幸せな暮らし(シンプル・ライフ)になり得ます。このように,物事は受け止め方次第であり,人間の幸不幸は心の持ち方次第です。幸せな人生を送りたいと望むのであれば,贅沢(ぜいたく)な暮らしを手に入れること(物質的な豊かさや恵まれた境遇などを手に入れること)にではなく,どのような暮らしにでも生きる喜びや幸せを見いだせるように自分の心の持ち方を変えること(心の豊かさや心の平安などを手に入れること)にこそ,関心を払い,力を注ぐべきなのではないでしょうか。贅沢な暮らしには限りがありませんし(贅沢な暮らしに執着する限り,たとえどれだけ贅沢な暮らしを手に入れたところで心が満ち足りるということはなく,常に不満を抱えたまま,死ぬ瞬間まで,より贅沢な暮らしを必死になって追い求め続けることになってしまうだけです。),贅沢な暮らしを手に入れたからと言って,幸せな人生が手に入る保証など,どこにもないのですから。(4)(6)(7)(14)(20)(21)関連