実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることができるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

【実り多い幸せな人生に関する名言等 963】

「宇宙は絶えずわれらによつて変化する/誰が誰よりどうだとか/誰の仕事がどうしたとか/そんなことを言ってゐるひまがあるか」(「生徒諸君に寄せる」(『宮沢賢治詩集』所収),岩波書店

 

○この宇宙に存在するすべての物は,もとを正せば,たった一つの物から派生してきた物なのですから,すべての物は深いところでつながっており,影響を与え合っているに違いありません。それはつまり,この宇宙やこの世の中の一部分である私たちが変われば,この宇宙やこの世の中も,その影響を受けて変わるということに他なりません。したがって,この世の中を,より善い,より暮らしやすいものに変えたいと願うのであれば,回り道のように感じられるかも知れませんが,私たちは,世の中を変えることにではなく,自分を変えることにこそ,関心を払い,力を注ぐのが賢明なのではないでしょうか。なぜなら,世の中を自分の思い通りに変えることなど絶対にできませんが,自分の心の持ち方や考え方や生き方などを変えることなら,自分の意志や努力次第で十分に可能だからです。この世の中を,より善い,より暮らしやすいものに変えていくためにも,他者との勝負や他者からの評価など余り気にせず,より善い,より人間らしい生き方を目指して自分を人間的に成長(成熟)・向上させ続けること(自分の心の持ち方や考え方や生き方などを変えること)や,自分にできること一つ一つに全力で取り組むことなどにこそ,気持ちを集中し,限りある大切な時間やエネルギーを使いたいものです。(前書き)(9)(11)(14)(15)関連