実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

【実り多い幸せな人生に関する名言等 911】

「馬鹿は百人寄っても馬鹿なり。味方が大勢なる故,己れの方が智慧ありと思うは,了見違いなり。・・・味方の多きは,時としてその馬鹿なるを証明しつつあることあり。」(「愚見数則」(『学生諸君!』所収),夏目漱石,光文社)

 

○声高に表明された意見には人々の注目や関心が集まりやすく,場合によっては,多数の賛同者を得ることもありますが,多数決の結果も含め,多数者の意見がいつでも正しいとは限りません。改めて言うまでもなく,ある意見に対する賛否を決める際に重要なことは,その意見の正しさや健全さであって,表明者の声の大きさや賛同者の多さではありません。否定的な意見や偏りのある意見が声高に表明されることが多いのに対し,肯定的な意見や良識的な意見は普通の声音で表明されることが多く,あえて表明されないことさえ多いものです。取り返しのつかない失敗や過ちを犯し,人生に大きな悔いを残さないようにするためにも,何事も自分の頭で考え,判断し,行動する習慣を身に付け,くれぐれも意見表明者の声の大きさや意見賛同者の多さに惑わされたり,踊らされたりしないようにしたいものです。(14)関連