実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることができるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

【実り多い幸せな人生に関する名言等 847】

「高ぶる者は低く見られ,卑下する者は高く見られる。(「ルカによる福音書」)」(『世界ことわざ名言辞典』,モーリス・マルー編,田辺貞之助監修,島津智編訳,講談社

 

○私たちは,自慢ばかりしている人に対しては,どうしても褒める気持ちになれず,ついつい悪口を言いたくなってしまいます。反対に,自慢を一切しない人に対しては,悪口を言う気になれず,その人に代わってその人を褒めてくなってしまいます。慢心している人には今後の成長・向上がほとんど期待できず,謙虚な人には今後の成長・向上が十分に期待できるということもあると思いますが,私たちの心には生まれ付き,全体としてのバランスを取ろうとする傾向(自慢し過ぎる人に対しては悪口を言うことでバランスを取り,卑下し過ぎているに対しては褒めることでバランスを取ろうとする傾向)が備わっているのではないでしょうか。なお,この傾向は総じて健全なものと言えますが,バランスを取ろうとする余り,しばしば振り子が反対側に振れ過ぎてしまうこと(例えば,悪口を言い過ぎてしまい,相手の心を深く傷つけてしまったり,褒め過ぎてしまい,「贔屓(ひいき)の引き倒し」になってしまったりすること)がありますので,その点には留意が必要です。(9)(12)関連