実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 765】

「もはや利潤をあげる空間がないところで無理やり利潤を追求すれば,そのしわ寄せは格差や貧困という形をとって弱者に集中します。」(『資本主義の終焉と歴史の危機』,水野和夫,集英社

 

○財産や地位や権力や名声などを手に入れるためには,他者と競い合う必要があり,必然的に,私たちは,他者を競争相手(敵)と見なして,足を引っ張り合ったり,パイを奪い合ったりするようになってしまいます。そして,その結果として,「勝ち組」,「負け組」などといったものが生まれてきます。しかし,財産や地位や権力や名声などを手に入れたからといって,幸せな人生が保証されるわけではありませんし(むしろ,財産や地位や権力や名声などに執着すればするほど,不平不満,妬みそねみ,恨みつらみ,失意失望,自暴自棄といった心理状態に自分を追い込んでしまう危険性は高まり,幸せな人生を送ることは難しくなってしまうのではないでしょうか。),そもそも,私たちは他者の支えや助けがあればこそ生きていられるのであり,その意味で,私たちと他者は一体なのですから,本来は勝ちも負けもなく,他者を協力相手(味方・仲間)と見なして,助け合ったり,幸せを分かち合ったりするような生き方こそが,人間らしく自然な生き方と言えるのではないでしょうか。財産や地位や権力や名声などを手に入れなければ幸せになれないなどといった迷信から目を覚まし,それらに対する執着から早く解放されたいものです。(1)(4)(6)(10)(11)(14)(17)(20)関連