実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 754】

「どないにイヤなことでも,どないしたら楽しくなるかを一生懸命考えてみい。楽しなるから。同じやるなら楽しい方がええやろう。(笑福亭松之助)」(『明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生』,エムカク,新潮社)

 

○何事でも(反社会的なことや自分の信念に反するようなことは別ですが。),相応の期間,その気になって全力で前向きに取り組めば,そこに何らかの楽しさややりがいを見いだせるようになるものです。そして,その楽しさややりがいをさらに追求していくことによって,自分がやっていることをどんどん好きになっていく,あるいは,新たな展開が生じ,新たな道が開かれていく,ということはよくあることです。何事も,嫌々やって得られることなど何もなく,周りに迷惑を掛けるとともに,ストレスや不満や疲労などがたまるだけなのですから,仕事など,自分がやらなければならないことについては,嫌々やるのではなく,できる限り楽しみながらやりたいものです。人生は短く,しかも,たった一度きりなのですから,人生に大きな悔いを残さないようにするためにも,何事に対しても全力で前向きに取り組み,人生を大いに楽しみ,味わい尽くすための努力を怠らないようにしたいものです。(2)(3)(10)(13)関連