実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 743】

「与えた者は与えたことを覚えておくべきではなく,受け取った者は受け取ったことを忘れるべきではない。」(『世界ことわざ名言辞典』,モーリス・マルー編,田辺貞之助監修,島津智編訳,講談社

 

○私たちは,人類史上最も豊かで安全で便利な社会で生活していますが,このような社会で生活している,人間は独りでは(孤立無援の状態では)生きていられないということを,ついつい忘れてしまいがちです。しかし,実際には,私たちは,数知れぬ他者の直接的・間接的な支えや助けがあればこそ生きていられるのであり,私たちが生きていられるのは他者のおかげなのですから(さらに言えば,私たちが好きなこと打ち込むことができるのも,その他のことを他者が分担・負担してくれているおかげです。),たとえどのようなことがあったとしても他者に対する感謝の気持ちを忘れはいけませんし,困っている他者や苦しんでいる他者に対しては,人間としての当然の務めとして,自分にできる限りの手助けをすべきであると思います。なお,改めて言うまでもなく,他者に対する手助けは,優越感を味わいながら,あるいは,何らかの見返りや報酬を期待しながら行うようなことではありません。当たり前のこととして,むしろ,自分の方が境遇や幸運に恵まれていることなどでの負い目を感じながら慎み深く行うべきことであると思います。(11)(14)(19)関連