実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 685】

「君は,まだ自分より前にほかの人が考えたり,みつけたりしたこと以外に,何一つみつけたこともなければ,考えたこともない。またもし何か新しいものがみつかったら,それを天の贈物と考えて,ほかの人にもわけなければいけない。」(『音楽と音楽家』,シューマン吉田秀和訳,岩波書店

 

○人間は自らの経験から様々なことを学びますが,自分一人の狭い経験から学べることには限界があります。それ以上のことを学び,自らを成長(成熟)・向上させ続けたいと願うのであれば,より広く,他者の経験や他者が自らの経験から学んだことなどからも学ぶ必要があります。特に,人類の経験や英知の精髄・結晶とも言える古典などの良書を愛読・熟読・精読することは,非常に貴重な学びの機会になり得ます。人類がここまで進歩・発展できたのも,私たちの祖先が,自らの経験のみならず,他者の経験などからも学び続け,その成果を他者が利用できる形で蓄積し続けてくれたからこそです。私たちが様々なことを広く深く学べるのも,また,このような豊かで安全で便利な社会で暮らすことができているのも,先人・後人を問わず,他者のお陰なのですから,他者に対する感謝の気持ちを忘れないようにするとともに,自らが学んだ結果についても,独り占めにするのではなく,できる限り誰もが利用しやすい形で社会に還元していきたいものです。(11)(12)(後書き)関連