実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることができるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

【実り多い幸せな人生に関する名言等 647】

「不満への最悪の対処法は,自分のなかの欲望を満足させようと必死になることだ。・・・満足を得るために,自分のなかに湧き上がってくる欲望を次々と達成しようとするのは,ヘロイン中毒を治そうとして,ヘロインを手に入れようとするのと同じである。ヘロインの場合は,むろんその悪習をやめたほうがよいのであり,欲望の場合もまた,それをできるだけ抑制するほうがよいのである。」(『欲望について』,ウィリアム・B・アーヴァイン,竹内和世訳,白揚社

 

○欲望は生の証(あかし)であり,生き物にとって,欲望を満たそうとすることは自然なことです。しかし,人間の欲望は,苦しみや悲しみの種でもあります。人間の欲望は,必ずしも本能に基づくものではないだけに,際限がなく,意識的にブレーキを掛けない限り,どこまでも肥大化していきます。したがって,私たちは,自分の欲望に意識的にブレーキを掛けない限り,いつまでたっても満ち足りるということがありません。常に不満を抱えたまま,死ぬ瞬間まで欲望に支配され,欲望の奴隷であり続けることになってしまいます。そのような人生を送りたくないと思うのであれば,私たちは何としてでも,自分の欲望にブレーキを掛け,その肥大化を抑えられるようになる必要があるのではないでしょうか。自分の欲望にブレーキを掛けられるようになりさえすれば,私たちは満ち足りることが可能になり,欲望の支配からも逃れ,欲望の奴隷であることからも解放されるはずです。(4)(6)関連