実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 617】

「誰しも,自分自身の足元からはじめ,自分の幸福をまず築かねばならないと思う。(ゲーテ)」(『ゲゲゲのゲーテ』,水木しげる双葉社

 

○私たちは,自分が幸せだからこそ,自分を粗末に扱ったり,道を踏み外したりすることなく,自分を大切にしながら正道を歩み続けることができるのではないでしょうか。また,自分が幸せだからこそ,自分の幸せのみならず,他者の幸せをも願い,喜び(他者の不幸を悲しみ),自分の幸せを他者と分かち合うことができるのではないでしょうか。そのように考えるなら,幸せであることは,有益無害な人生を送ることを願う真っ当な社会人とっての義務であるとさえ言えるのではないでしょうか。そもそも,人生が生きる喜びや希望に満ちた幸せなものでなかったとしたら,私たちはいったい何のために生きているのでしょうか。私たちはいったい何のためにこの世の中に生まれてきたのでしょうか。人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。私たちは,幸せとは何かということを正しく見極めた上で(この作業をおろそかにすれば,すべての努力が徒労に終わってしまう危険性さえあります。),まずは自分が幸せになることにこそ最大限の関心を払い,最大限の力を注ぐべきなのではないでしょうか。(2)(3)(10)関連