実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 609】

「今の社会は,子育てや教育を通じて,子どもをこの社会に必要な人に育てようとしている。誰か成功した人の真似をしたり,何かに「なる」ことを要求する。」(『幸福の哲学』,岸見一郎,講談社

 

○私たちは,社会的な成功を収め,財産や地位や権力や名声などを手に入れなければ幸せになれないと勘違いしがちですが,それは,そのように幼い頃から誰かに教え込まれ,それを鵜呑(うの)みにしてしまっているせいなのではないでしょうか。しかし,実際には,人が羨むような社会的成功を収めながら自分は不幸であると感じている人もいれば,普通の平凡な人生を送りながら自分は幸せであると感じている人もいるように,社会的な成功を収めることと幸せであることは,まったく別のことです。むしろ,社会的な成功に執着し,社会的な成功を目指して必死になって努力すればするほど,不平不満,妬みそねみ,恨みつらみ,失意失望,自暴自棄といった心理状態に自分を追い込んでしまう危険性は高まり,幸せであることからは遠ざかってしまうのではないでしょうか。幸せであることを本気で願うのであれば,社会的な成功を収めなければ幸せになれないなどという迷信(勘違い)からは早く目を覚まし,生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになることにこそ,限りある大切な時間やエネルギーを使うべきなのではないでしょうか。ただ生きていることにさえ幸せを感じられるようになるなら,私たちはきっと,どのような境遇にあっても幸せであり続けることが可能になり,社会的な成功を収めなければ幸せになれないなどというデマに踊らされることもなくなるに違いありません。(1)(7)(10)関連