実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 608】

「誰も嫌われたくはないが,もしもまわりに自分を嫌う人がいるとすれば,嫌われることは自分が自由に生きていることの証であり,自由に生きるために支払わなければならない代償であると考えなければならない。」(『幸福の哲学』,岸見一郎,講談社

 

○人に褒められたり,好かれたりすれば嬉(うれ)しくなる(人に貶(けな)されたり,嫌われたりすれば悲しくなる)のが人情ですし,日本人は特に,他者からの評価や世間の評判に過敏な国民であるとも言われています。しかし,他者からの評価や世間の評判を気にする余り,自分が本当にやりたいと思える好きなことを見つけ損なってしまったり(あるいは,諦めてしまったり),自分が進むべき道(自分なりの目標や理想)を見失ってしまったり,自分の信念に反するような生き方をするようになってしまったりしたのでは,いくら人に褒められたり,好かれたりしたところで,自分が生きている意味,自分がこの世の中に生まれてきた意味がなくなってしまいます。私たちは,人生に大きな悔いを残さないようにするためにも,毀誉褒貶(きよほうへん)に一喜一憂しないでいられるだけの強さ(図太さや鈍感さ)を身に付ける必要があるのではないでしょうか。もちろん,私たちは他者の支えや助けがなければ生きていられないのですから,いついかなるときであっても他者に対する感謝の気持ちを忘れてはいけませんし,困っている他者や苦しんでいる他者に対する支援や協力は積極的に行うべきであるとは思いますが。(11)(13)(14)関連