実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 592】

「私の場合は諦めんかったのがよかったんです。私には人のために描くという考えがなかったのがよかった。自分のために話を作って,自分のために面白(おもしろ)がって描く。だから,つづけられたんです。」(『ゲゲゲのゲーテ』,水木しげる双葉社

 

○「好きこそものの上手(じょうず)なれ」といいますが,私たちは,自分が好きなことだからこそ,困難や苦労にへこたれることなく努力し続けることができるのではないでしょうか。そして,長年にわたって怠ることなく努力し続ければこそ,才能の有無にかかわらず上達もし,また,自分を人間的に成長(成熟)・向上させ続けること(そのことを通じて,自分の可能性を十分に花開かせ,実を結ばせるとともに,多少なりとも他者や社会の役に立つこと)ができるのではないでしょうか。他者との勝負や世間の評判などに気を散らすことなく,自分が本当にやりたいと思える好きなことを見つけ,そこに自分が信じることのできる自分なりの目標や理想を見いだし,その目標や理想に向かって前進し続けることにこそ,気持ちを集中し,力を注ぎたいものです。他者との勝負や世間の評判などを気にする余り,自分が本当にやりたいと思える好きなことを見つけ損なってしまったり,自分が進むべき道を前進し続けることを後回しにしてしまったり,自分が進むべき道を見失ってしまったりすることだけは,くれぐれも避けたいものです。(13)(14)関連