実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 590】

「文句というのは,努力しない人間がいうんです。」(『ゲゲゲのゲーテ』,水木しげる双葉社

 

○物事が自分の思い通りにならないと,私たちはすぐに不平不満を募らせ,文句を言いがちです。物事が自分の思い通りにならないことの原因や責任を他者や運命に求め,すぐに他者を恨んだり,他者を責め立てたり,運命を呪ったり,不運を嘆き悲しんだりしがちです。しかし,人生は本来ままならないものなのであり,物事が自分の思い通りにならないのは当たり前のことなのではないでしょうか。物事が自分の思い通りになると期待するのが(物事を自分の思い通りにしようと欲張るのが),そもそも間違っている(欲張り過ぎている)のだと思います。また,他者や運命を自分の思い通りにすることなど誰にもできないのですから,いくら恨み言や泣き言を言ったところで,事態が悪化することはあっても,事態が好転することはないのではないでしょうか。文句を言っている暇があるのなら,人生はままならないものであるという事実をあるがままに受け入れた上で,事態を多少なりとも好転させるべく,自分がやるべきことに最善を尽くすことや,自分にできること一つ一つに全力で取り組むことなどにこそ,限りある大切な時間やエネルギーを使いたいものです。(3)(4)(6)(15)関連