実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 589】

「(お前は)結構なお屋敷を建てて,虎の剥製を飾った部屋にふんぞりかえって,儲けた金の勘定をしとるのが,人生の勝利者の姿やくらいに思うちょる男よ。」(『流転の海』,宮本輝,新潮社)

 

○経済的な勝者が人生の勝者であるとは限らず,経済的な豊かさが心の豊かさにつながるとは限りません。にもかかわらず,私たちはなぜ,経済的な豊かさばかりに大きな価値を置き,経済的な豊かさばかりを追い求めるのでしょうか。経済的に豊かでなければ幸せにはなれないなどと幼い頃から誰かに教え込まれ続け,それを鵜呑(うの)みにしてしまっているせいでしょうか。もちろん,生きていくためにお金は必要ですが,お金はあくまでも生きていくための手段なのであり,目的ではありません。生きていくのに必要なだけのお金が稼げれば,それで十分なのではないでしょうか。お金を稼ぐことよりも,足るを知り,普通のつましい生活に幸せを感じられるようになることや,自分が本当にやりたいと思える好きなことを見つけ,それに全身全霊で打ち込むこと(そのことを通じて,多少なりとも他者や社会の役に立つこと)などにこそ,限りある大切な時間やエネルギーを使いたいものです。(10)(13)(14)(20)関連